エンターテイメント - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

生誕60周年!今こそ読みたい杉浦日向子のオススメ江戸マンガその1「百日紅」

生誕60周年!今こそ読みたい杉浦日向子のオススメ江戸マンガその1「百日紅」

杉浦日向子さん。「江戸」を少しでもかじったことのある方なら、誰しもが彼女の名をご存知でしょう。

お江戸マンガを描かせたら右に出る者なしのマンガ家でありエッセイストであり、日本を代表する江戸風俗研究家であった杉浦さん。若くしてこの世を去った彼女ですが、昨年11月に生誕60周年の節目を迎えられました。

今回はそんな記念すべき節目の年を祝して、名作ばかりの中からオススメのマンガ作品「百日紅(さるすべり)」をご紹介します。

あらすじ

葛飾北斎の娘の中で唯一絵師として筆を握り、父の手足となった葛飾応為。近年脚光を浴びている応為ですが、「百日紅」は彼女を主人公に据えた最初のマンガ作品ではないでしょうか。主人公のお栄(応為の本名)は父である葛飾北斎と共に江戸下町の長屋暮らし。

二人を中心に、弟子の池田善次郎(のちの人気絵師・渓斎英泉)をはじめ、クセの強い浮世絵師たちの日常から生まれる怪談話、艶話、滑稽話、人情話の数々。ほとんどが1話完結の短編形式の作品です。

2ページ目 何がすごいって、画面の描き込みがすごい

 

RELATED 関連する記事