エンターテイメント - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

NHK大河ドラマ「いだてん 東京オリムピック噺」振り返り 「いだてん」第2話 振り返り。春野スヤは熊本のはいからさん「逢いたかばってん逢われんたい♪」自転車節とは?

「いだてん」第2話 振り返り。春野スヤは熊本のはいからさん「逢いたかばってん逢われんたい♪」自転車節とは?

大河ドラマ「いだてん」第2話が放送され、主人公のひとり、金栗四三の誕生から少年期までが描かれました。

前回の振り返りはこちら。

赤い隈取りのような歌舞伎ネタ演出は史実を踏襲!「いだてん」振り返りと次回のポイント

1月6日、今年の大河ドラマ「いだてん」第1話が放送されました。まず東京オリンピック初開催決定のときからさかのぼり、明治末ごろ、日本がオリンピック初出場を果たすまでのエピソードが語られるという展開でした…

それにしても父親が43歳のときの子だから「四三」とは、父親が56歳のときに生まれた山本五十六と同じ命名理由。昔の人の名づけは意外と適当だったらしい……。

さて、今回はのちに四三の妻となる春野スヤが登場しました。医者の娘で、少年のころの四三とも面識があるという設定。女学校に進んだスヤが自転車に乗って歌いながら登場したシーンが印象的でした。

「逢いたかばってん逢われんたい たった一目でよかばってん」

元気よくかわいく歌うスヤ。この歌が頭から離れないという方も多いのではないでしょうか。

熊本自転車節とは

この歌は「熊本自転車節」と呼ばれる歌で、もともとは明治期に東京で大流行した「ハイカラ節」を替え歌にしたものなんです。熊本自転車節の歌詞はこんな感じ。

1番

逢いたかばってん逢われんたい
たった一目でよかばってん
あの山一丁越すとしゃが
彦しゃんのおらす村ばってん
今朝も今朝とて田のくろで
好かん男に口説かれて
ほんに彦しゃんのおらすなら
こぎゃん腹も立つみゃあばってん
千代八千代
どうしたもんじゃろかい

2番
チリリンチリリンと出て来るは
自転車乗りの時間借り
曲乗り上手と生意気に
両の手離した洒落男
あっち行っちゃ危ないよ
こっち行っちゃ危ないよ
危ないよと言ってる間に
そらずっこけた
千代八千代
どうしたもんじゃろかい

スヤが歌っていたのは1番の冒頭部分ですね。1番だけ見ると方言はたしかに熊本らしくはあっても、あまり「自転車」らしさがないですね。ですが2番はちゃんと自転車について歌った内容。

2ページ目 「ハイカラ節」とはいからさん

 

RELATED 関連する記事