歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

永久保存確定!日本初の日本史事典「国史大辞典」の絵図ページが感動レベルで凄い

永久保存確定!日本初の日本史事典「国史大辞典」の絵図ページが感動レベルで凄い

日本で最初の本格的な日本史事典は、吉川弘文館から明治41年(1908年)に刊行された「国史大辞典(こくしだいじてん)」という事典で、日本初ということもあり刊行当時はとても画期的なものだったそうです。

国史大辞典は本文が数千ページにも及ぶ明治時代の大辞典ということもあって、現代の私達が内容を把握するには、それなりの知識と覚悟がないと挫折してしまうレベル。

しかし、この事典の増訂版には絵図での解説ページもあるので、この部分に関しては知識がなくてもかなり楽しめて、参考になる内容になっています。国立国会図書館デジタルコレクションには国史大辞典の初版や増訂版がオンライン公開されているのですが、モノクロでの公開にとどまっているのです。

絵図のページはやはりカラーで楽しみたいもの。どこかに国史大辞典がカラーでオンライン公開されていないか、我々スタッフが一生懸命捜しました。カラーの国史大辞典、見つかりましたよ!

公開されているのは、2016年に歴史的価値のある膨大な資料がオンライン閲覧できるようなった、ニューヨーク公共図書館のデジタルコレクションです。

無料ダウンロード!価値ある膨大な浮世絵、古写真や絵巻などをニューヨーク公共図書館が一挙公開

ニューヨーク国立図書館が2016年1月、18万点を超える歴史的価値のあるデジタル資料を閲覧できる「NYPL Digital Collections」を公開しました。NYPL Digital C…

ニューヨーク公共図書館のデジタルコレクションでは現在、国史大辞典の絵図ページが46ページ分閲覧可能になっているのですが、その絵図ページの内容が想像を超える、感動的な素晴らしさなのです!

当時の衣服や装束の種類、甲冑の種類、重ね色目のパターンなど、現代でもとても参考になる資料の数々なのです。それがこちら。

楽しすぎるじゃないか!

この他にも貨幣の種類や門の種類、牛車の種類まであります。とにかく続きをご覧ください!

2ページ目 国史大辞典 2ページ目

 

RELATED 関連する記事