雑貨・インテリア - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

どこに付ければいいんです?お刺身の添え物”たんぽぽ”が主役に「お刺身とたんぽぽストラップ」

どこに付ければいいんです?お刺身の添え物”たんぽぽ”が主役に「お刺身とたんぽぽストラップ」

お刺身を彩る薬味のあれこれには大葉や海藻、大根のつまなどがありますが、一際目を引くのは黄色いお花。お刺身の添え物とされているアイテムを大胆にも主役にしてしまった「お刺身とたんぽぽストラップ」が登場しました。

たんぽぽと呼ばれることもある黄色いお花は、薬味としていただくこともできる食用菊なのですが、ここではあえて「たんぽぽ」とネーミング。

たんぽぽ部分は実物サイズに近づけ、リアリティーを追求した立体フィギュアとなっています。このままお刺身盛りに載っかっていても違和感ない出来栄えです。たんぽぽの後ろにぶら下がるお刺身は両面印刷のアクリルプレート製で、妙にリアルなクオリティの高い仕上がり。うっかり食べちゃわないようにお気をつけ下さい。

たんぽぽが立体なのにお刺身がアクリルプレートなのは、あくまでもストラップの主役はたんぽぽだから。

まぐろとたんぽぽ

たんぽぽに彩りを添えるのは、マグロ、サーモン、金目鯛、甘エビ、イクラ、シソの葉の6種類。最後はまさかの薬味オン薬味がやってきましたが、シソの葉のグリーンとたんぽぽの鮮やかなイエローのコントラストが相性良くって、春らしく可愛らしい組み合わせとなっています。

しその葉とたんぽぽ

なぜ作った、との想いが抑えられないストラップ。手がけたのはコップのフチ子シリーズでおなじみの奇譚クラブと聞けば納得です。

付けると意外と可愛い「お刺身とたんぽぽストラップ」はカプセル入りで1回300円。2018年3月8日(木)から発売開始となります。

 

お刺身とたんぽぽ ストラップ KITAN CLUB

 

RELATED 関連する記事