雑貨・インテリア - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

これは美しい!”人肌に最も近い感触”を追求した漆器が「IKI – by KOHEI KIRIMOTO」から登場

これは美しい!”人肌に最も近い感触”を追求した漆器が「IKI – by KOHEI KIRIMOTO」から登場

輪島塗の老舗からとってもユニークなコンセプトの漆器コレクションが発表されますよ!1700年代から輪島市で漆器の製造を販売する輪島塗の老舗「輪島キリモト」が3月7日(水)からお披露目するのは、新ブランド「IKI – by KOHEI KIRIMOTOから登場する”人肌に最も近い感触”をテーマにした漆器コレクションなのです。

石川県輪島市で生産されている、言わずと知れた漆器「輪島塗」。漆は人の肌にとても近い塗料と言われているそうで、西洋の食事に比べて日本では器が口に触れる機会が多いために、長年受け継がれてきた素材なんですって。

輪島キリモトでは、その漆に現代のクリエイターの感性を取り入れながら、科学やプロダクトデザインの側面から魅力を再定義する新ブランドとして「IKI – by KOHEI KIRIMOTO」をスタート。そのIKIの第1弾プロダクトが、今回発表される ”ヒトハダに一番近い” 漆器シリーズです。

感触が人間の肌に近いという特性を活かした漆器は「ヒトハダに一番近いコップ」、「ヒトハダに一番近いお椀」、「ヒトハダに一番近いボウ ル」、「ヒトハダに一番近いお皿 大」、「ヒトハダに一番近いお皿 小」の5商品。

各プロダクトのビジュアルも非常に洗練された印象で、”人肌に最も近い感触”を直感的に表現しているのではないでしょうか。このIKIの第1弾プロダクトの発表は、3月7日(水)〜2018年3月13日(火)の期間、伊勢丹新宿店でおこなわれるそうなので、実際にその感触を味わってみたい方は要チェックです!販売もあるとのこと。

IKI 第1弾プロダクトのお披露目・販売

  • 場所 : 伊勢丹新宿店本館5階センターパーク/ザ・ステージ#5
  • 期間 : 2018年3月7日(水)〜2018年3月13日(火)
  • 営業時間 : 10:30〜20:00
  • 販売商品 :
    ・ヒトハダに一番近いコップ / 26,000円(税抜き)
    ・ヒトハダに一番近いお椀 / 23,000円(税抜き)
    ・ヒトハダに一番近いボウル / 44,000円(税抜き)
    ・ヒトハダに一番近いお皿大 / 33,000円(税抜き)
    ・ヒトハダに一番近いお皿小 / 16,000円(税抜き)
 
 

RELATED 関連する記事