歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

羽生結弦選手金メダル記念!演技テーマだった陰陽師・安倍晴明ってどんな人物なの?

羽生結弦選手金メダル記念!演技テーマだった陰陽師・安倍晴明ってどんな人物なの?

男子フィギュアスケート羽生結弦選手、素晴らしい演技での金メダルおめでとうございます!歴史に残る彼のフリープログラムの演技は平安時代前期の陰陽師・安倍晴明を主題とした「SEIMEI」です。古文の授業で習ったような気はするけれど、忘れてしまった・・・。そんなあなた、この機会に安倍晴明を改めておさらいしましょう。

平安時代には物怪と人間が混在

安倍晴明の官職である陰陽師とは、中国の古代思想に基づいた陰陽道によって占術、呪術などを行う、律令制度のれっきとした役人でした。

安倍晴明の生きた平安時代においては、あの世とこの世の境が今よりもかなり曖昧模糊としていました。陽が落ちて暗くなった時刻は「逢魔が時(おうまがとき)」と呼ばれて魔物が跳梁跋扈すると本気で信じられていましたし、平家物語では「物怪(もっけ)」という章段があり、平清盛が高さ約50mにもなる無数の髑髏の妖魔と対峙するというスリリングな場面もあります。

芳年「新容六怪撰 平相国清盛入道浄海」Wikipediaより

このように物怪と人間が混在していた時代にこそ、陰陽師・安倍晴明が活躍したのです。

2ページ目 フリースタイルな陰陽師・安倍晴明とは?

 

RELATED 関連する記事