ライフスタイル - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

梅雨の季節に梅干パワー!

梅雨の季節に梅干パワー!

そろそろスーパーにも青梅が出回る季節になりました。「梅仕事」の季節の到来です!
昔はみんなおうちに梅の木があって、梅の収穫をすると「梅仕事」に取り掛かったそうですよ。梅干を作ったり、梅酒を漬けたり・・・・・・。
今では自分で梅干を漬けるという人は少数派になってしまったかもしれません。でも、昔からずっと作られてきた梅干パワーを活用しないテはありませんよ!
特にその力は梅雨から夏にかけて大活躍なのです!

梅干をカビさせると不幸が起きる?

 

梅干をカビさせると家族に不幸が起こる。こんな言い伝えがあります。
梅干をカビさせるほど湿気の多い状態は人の健康状態にも悪い影響があるんじゃないか?
たまたま病気の人がいると看病で梅干の手入れにまで手が回らないから結果としてカビてしまうんじゃないか?
カビるから不幸が起こるんじゃなくて、不幸があるかもしれないというお知らせだから気をつけなさいよ、ということなんじゃないか?
この言い伝えには色々な説があります。
ただ、普通は腐らないしカビない梅干がカビるなんて、ものすごい一大事だ!!という気持ちがたくさんこもっている言い伝えなんだろうな、ということは伝わってきます。

梅干はとても強い殺菌作用があります。だから滅多なことではカビたりしないのが通常です。
おにぎりの具の定番に梅干があります。また、お弁当のご飯の真ん中に梅干がちょこんと乗っているのも定番ですよ。
これは、その殺菌力によってご飯が傷むのを予防するのに役立ちます。
これからの季節、湿度も気温も高くなってくると食べ物が痛みやすくなってしまいます。そんな時には梅干の力を借りてみましょう。

 

梅干パワーは夏の疲れた体にも◎

 

梅干の酸っぱい味、あれはクエン酸がたっぷり入っている証拠です。クエン酸は体の疲労回復に役立つ成分ですから、暑さで疲れている体にはもってこいです!
塩分も含まれていますので、汗をかいた時にももってこい。
夏のご飯のお供には、ぜひ梅干をチョイスして欲しいものです。

もしも暑くてご飯を食べる元気がない場合には、そうめんの麺つゆに梅干を入れるのもおすすめです。甘めのつゆにしょっぱ酸っぱい梅干の味がベストマッチですよ。
しかも胃腸の働きを高めてくれる作用がありますので、ちょっとずつでも梅干を食べていれば、きちんとご飯を食べられるようになること間違い無しです。
毎年夏に食欲不振になってしまう人はぜひお試しあれ。

たくさんのパワーを秘めた日本の伝統食「梅干」。
今年は自分で作ってみるのも良いかも!?

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる