エンターテイメント - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

期間限定!歌舞伎座地下で伝統美を感じさせるデザインクッキー販売

期間限定!歌舞伎座地下で伝統美を感じさせるデザインクッキー販売

今年の春にめでたく新開場した、歌舞伎座
歌舞伎公演はもちろんのこと、「GINZA KABUKIZA」なる複合施設として地下のショップもまた大賑わい。つい最近では、その地下2階「木挽町広場」を災害時の帰宅困難者収容施設にして、「もしもの時は歌舞伎座に」とアピールしてたのも、記憶に新しいところです。

そんな木挽町広場に、クッキーを販売するショップが期間限定でオープンしました。歌舞伎とクッキー。それだけなら御都合主義のミスマッチに思えるかも知れませんが、もちろんただのクッキーではありません。ここのクッキーは、日本の伝統美を感じさせるイラスト+漢字がプリントされてるんだとか。

Kc
ショップの名前は、銀菓堂。用意されたモチーフは、日本固有の自然や歴史を感じさせるもの、33種類。歌舞伎イラストと「歌」の組み合わせである本家本元系を始め、「猛」や「斬」のサムライ系、「艶」や「美」のゲイシャ系、「桜」や「月」の四季折々系、「影」や「忍」のニンジャ系などなど、いろいろあります。

0021
中には、パンダ+「愛」という若干謎を感じるものもあったりしますが、伝統と面白さをバランスよく両立させたデザインは、きっともらった誰もが楽しい気持ちになること、請け合いでしょう。もちろん、好きな組み合わせで選ぶことも、可能。贈る相手に合わせたセレクトを楽しむのみならず、暗号のようにちょっとしたメッセージを作って送るというのも、楽しいかも知れません。

クッキーそのものも、国産メインの材料で作られ、さくさくの食感+ふんわりとした卵の甘みが味わえる王道の美味しさを誇るとか。誰か、私に送ってくれないかな。「呑」だけの20枚セットとかでも、いいですから。

GINZA KABUKIZA:歌舞伎座-歌舞伎・演劇 – 松竹株式会社

歌舞伎座初登場!日本の伝統を感じさせる、漢字と絵が施されたクッキーを扱うブランド“銀菓堂”が9/1限定ニューオープン – PRTIMES

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる