ライフスタイル - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

夏はピリカラ唐辛子!「根元 八幡屋磯五郎」

夏はピリカラ唐辛子!「根元 八幡屋磯五郎」

いつものとおり、東京は千代田区にある新丸ビルをうろうろしていました。 うろうろフラフラしていたところ。「日本のごちそう えん」の前に、何やら見慣れぬ小さなアイスクリーム屋のような露店があるじゃあないですか。

ショーケースの中には、「バニラ」「チョコ」「ストロベリー」「抹茶」等、色とりどりのアイスのケースが並び、脇にはサクサクのコーンがあるはず。「あ、食べたい(*^o^)」

しかしよく見ると、アイスじゃあなかった・・・唐辛子でした。七味唐辛子で有名な、「根元 八幡屋磯五郎」の出店でした。

cbi_header

色とりどりのアイスに見えたケースには、「生姜」「ゆず」「黒こしょう」等、10種類くらいの薬味が入っていました。

この20グラム50円~の薬味たちをお好きにブレンドしてもらい、オリジナルの七味唐辛子を作ろう!というお店でした。

筆者が購入したのは、一番基本的なブレンド(600円)に、ゆず(20グラム150円)をプラス。それに、お店オリジナルの缶の唐辛子入れ150円を合わせ、トータル900円でした。

100均なら9本かえるじゃん!!  ・・・なんて、野暮なことはこの際言わず(^-^;、においを嗅いだら、ゆずの香りがとてもいい匂いでした。

130620_1823

130620_1823

130620_1824

帰宅して、さっそくうどんにかけて食べるぞ♪と思いきや、うどん麺なし。代わりにパスタに振りかけて食べました。

振りかけすぎて、口の中が辛かったですが、飲み込んじゃうと、サッと辛味が消えます。これには驚き。これが、八幡屋ならではの唐辛子だからなのか、もともと唐辛子ってこんなものなのかわかりません。

元々この調合販売は、善光寺の堂内で行っていたとのこと。それを、全国各地でお店が廻り、販売しているそうです。7月予定は、東京・新潟・長野。たかが七味されど七味。ゆずのいい香りに癒されてみては。

 

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる