グルメ - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

この発想はオモシロい!12人の女性蔵元・杜氏による、タイプ別 男性に飲ませたい「男の辛口酒」

この発想はオモシロい!12人の女性蔵元・杜氏による、タイプ別 男性に飲ませたい「男の辛口酒」

クラウドファンディングサービスによる支援活動が徐々に一般的になりつつあり、面白い試みのサービスや商品が次々と登場していますが、日本酒においてもクラウドファンディング’を介したプロジェクトが色々と登場しています。

今回紹介するのは、現在クラウドファンディングでプロジェクトを公開している「12人の女性蔵元・杜氏 がこんな男性に飲ませたい『男の辛口酒』男ころし酒」というもの。

タイトルからしてそそられます♪

かつて日本酒づくりは女人禁制と言われてきましたが、最近では女性が日本酒づくりにたずさわることは珍しいことではなく、女性の杜氏、女性社長なども増えてきています。

「男の辛口酒」男ころし酒は、そんな女性が活躍する日本酒づくりの現場の状況が反映されたプロジェクト。女性蔵元・女性杜氏の12蔵元が「男の辛口酒」というテーマで、オリジナル日本酒をつくるというもの。

日本酒づくりにおいて、製造方法はもとより、気温、水、使われるお米によってその味は大きく変わります。さらには女性蔵元、女性杜氏であることで、男性にはない繊細な感性、心などが反映されることも。

今回のプロジェクトで作られる12種類の日本酒はラベルデザインもそれぞれ異なります。日本酒の特徴を男性のタイプになぞらえて紹介するあたりにはセンスが光ります。

「強くて優しい、次への活力と癒やしの時間」「日頃は優しい父親、スポーティかつスマートな一面」「漁師であり、骨太、硬派」などなど、まるで男性のタイプを語っているかのような紹介文にはニヤリとしてしまいます。

プロジェクトの支援コースは12蔵元がつくる日本酒を1本からオーダーすることができますので、男性は自分の性格に似た日本酒、または憧れる性格に似た日本酒を、女性は好みの男性タイプの日本酒を選んでみたりと、お酒選びの時点でかなり楽しめると思います。

目標金額の1,200,000円はすでにサクセスとなっていますが、支援は引き続き受け付けているようなので気になった方はチェックしてみてください。

 

プロジェクトページ

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる