日本画・浮世絵 - アート - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

そうだったの?江戸時代 のぞき機械、1人せせり…そして春画。江戸時代、男女はどのように自慰を楽しんでいたの?

のぞき機械、1人せせり…そして春画。江戸時代、男女はどのように自慰を楽しんでいたの?

江戸時代に有名な浮世絵師も多く描いていた春画。春画では交わりの場面が多く描かれていますが、男女ともにひとりでも性行為を行っていたようです。そういった春画作品も多く残されています。男性の場合「千擦り(せんずり)」と呼び、五本の指で先端から上下に動かして刺激を与えるのが、一般的でした。

トイレが長いときは、・・・の真っ最中?

江戸の町では、さかりがついた犬が交尾する情景もよくあること。そんな情景を見かけた後に魅力的な女性を見かけたら、ムラムラしちゃう人もいたのかもしれません。ときには、見せ物の「覗き機械(のぞきからくり)」で興奮して自慰することもあったそう。

この覗き機械というのは、お金を払って箱の中を覗くと、中に色付きの絵が次々と展開して、その絵を楽しむというものですが…色模様の絵を見せる機械もあったそう。これを見ると、自慰したくなる男も少なくなかったとか。そして自慰に格好の場所といえば、始末が簡単にできる後架(こうか)です。つまり、トイレのことですね。後架からなかなか出てこない男がいたら、もしかしたら千摺りの真っ最中だったのかも。

そして手でするだけでなく、道具を使うこともあったよう。故郷に妻を置いてきて城に勤番している武士は、さびしくなることもしょっちゅう。女陰のようなつくりをしている吾妻形に出し入れしながら、遠く離れた妻を想っていたのでしょう。

2ページ目 女性もあの手この手で満喫?「1人せせり」

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる