歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

思っているより若かった?かぐや姫の育ての親「竹取の翁」は何歳なの?

思っているより若かった?かぐや姫の育ての親「竹取の翁」は何歳なの?

@
2018/01/16

かぐや姫のおじいさん、いったい何歳なの?

「かぐや姫」と言えば、古典文学の草分け的存在として知られる『竹取物語』のヒロインです。そのかぐや姫の育ての親となったのは、「竹取の翁」こと「さぬきの造(みやつこ)」でした。

「翁」とはおじいさんのことなので、私達は何の疑いもなくこの「竹取の翁」を「老人」だと思ってしまいがちです。子供向けの絵本などでも、翁は白髪のおじいさんに描かれていますよね?

翁の年齢の詳細についてはあまり語られることはありませんが、いったい彼は何歳なのでしょうか?

「50歳」と「70歳」、2種類の記述が!

実は『竹取物語』の本文中には、「竹取の翁」の年齢について記載されている箇所があります。まず前半部分の、成長したかぐや姫に求婚する男たちが翁の家の周りをうろつき始め、翁が姫に結婚を勧める場面で、翁はこう言っています。

「わしも七十をすぎました。命のほどは、今日明日ともしれぬ。気にかかるのは姫のこと・・・」
(出典:田辺聖子『竹取物語・伊勢物語』/集英社文庫)

ここでは翁は「70歳」ということになっています。

ところが後半になり、かぐや姫が月に帰らなければならないと知った竹取の翁が嘆き悲しんでいる事を聞き、帝が翁の家に使いを送るシーンがあります。そこには、このような記述があります。

「翁は年は五十ばかりであったが心痛のあまり、瞬時に老い込んだように見えた」
(出典:同上)

あらら、最初より20歳も若返ってしまっていますね。

2ページ目 50歳と70歳、いったい翁の年齢はどちらなの

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる