歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

そうだったの?江戸時代 男のテクニックに決して屈しない江戸時代の遊女、そこには男と女のせめぎ合いが…

男のテクニックに決して屈しない江戸時代の遊女、そこには男と女のせめぎ合いが…

江戸時代、遊女遊びをする男たちにとって、遊女が気を遣ることは憧れでした。さまざまなテクニックを駆使して、遊女を責めていきます。

鈴木春信「風流艶色真似ゑもん 」まねへもん二

テクニックの基本は今も昔も…

まずは、「くじる」ことです。つまり、女性器の愛撫ですね。ときには指を何本も使って、緩急・強弱のリズムをつけながらこねくり回していたそう。上手な客だと、これだけで遊女をイカせてしまうことも。愛液も溢れんばかりにでてきたとか。ちなみに、当時は、この女性器から漏れる愛液のことを肉水(なさけのみず)と呼んでいたようです。なんだか、とっても生々しい呼び名ですね。

まだまだ、男たちのテクニックはあります。口吸い(キス)も、その一つ。前戯としてというより、性交の最中により快感になるためのものだったそう。口吸いがあるならば、乳吸いもあったようで。ただ当時は巨乳の女は少なかったといわれています。舐陰も、欠かせないテクニックでした。女の陰部の周辺や奥までを舌で責め、なめくじりという別名もあったとか。

2ページ目 そう簡単には遊女も気を遣るものか

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる