エンターテイメント - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

18日公開の映画「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」吹替版主題歌を担当する吉田兄弟インタビュー!

18日公開の映画「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」吹替版主題歌を担当する吉田兄弟インタビュー!

いよいよ日本での公開が近づいてきたアメリカのアニメ制作会社ライカによる映画「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」。中世の日本が舞台となっている本作は、アカデミー賞2部門、ゴールデングローブ賞にもノミネートされ、世界中が絶賛したストップモーションアニメ。

©2016 TWO STRINGS, LLC. All Rights Reserved.

アニー賞3冠に輝いた本作の吹替版主題歌を、津軽三味線奏者の吉田兄弟が担当することとなりました。主題歌はビートルズの楽曲「WHILE MY GUITAR GENTLY WEEPS (ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス)」のカバー作品となっています。アメリカ公開版のエンディングではレジーナ・スペクターが歌ったビートルズの名曲。日本版では吉田兄弟の演奏による新たなアレンジのカバー版が披露されます。

主人公の少年クボが三味線を操ることから、スタジオライカより日本版主題歌のオファーを受けた吉田兄弟のお二人。今回実現した奇跡のコラボレーションにあたって、日本版主題歌を手掛けた吉田兄弟のお二人にお話をうかがいました。

(左)良一郎さん、(右)健一さん

ーースペインの劇場でご覧になられたという、本作の感想を教えてください。
健一さん「まずは映像の美しさを感じました。制作側が美しいと思った日本の情景を、そのまま映像として描いていただいているんだなと思いましたし、すごく感動しました。三味線って質感がすごく大事なので、ストップモーションという手法は三味線を描くにはぴったりだったんだなとも思いましたね。」

良一郎さん「三味線奏者としては、三味線を持った主人公が出てきてくれた事に「ありがとう!」という気持ちになったのが正直な所です。嬉しかったですね。ストップモーションという方法でかなり細かい質感を表現されてり、研究され尽くした“日本“が描かれていて感動しました。津軽三味線って、「一の弦が父の音色・真ん中の弦が母の音色」と言われることもあって、物語と三味線がきちんとリンクしている部分にも驚きました。」

ーー本作では海外作品であるにもかかわらず、日本文化が大きなテーマとなっています。実際に、三味線を使って海外に日本文化を発信しているお二人からみて、いかがでしたか?

健一さん「半分残念(笑)。日本人である僕たちが、かっこいいと思う日本を外に出すのが正しいやり方だと思うんです。先にやられたという気がしちゃいましたね。ただ、今回、楽曲提供という形で、こうやって自分たちが携わることができて本当によかったと思いますし、制作スタッフの方々にも納得していただける形で曲をアレンジすることができて嬉しく感じました。」

良一郎さん「海外からみた日本の魅力をぐっと入れ込んでくれていますよね。外から観る日本の魅力ってこういう所なんだな、と改めて感じました。映画を通して、観客の皆さんにも改めて日本の魅力を感じて欲しいです。」

2ページ目 日本人が知らない日本の良さを改めて感じてもらいたい

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる