エンターテイメント - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

水木しげるの妖怪画が動き出す!Eテレ「水木しげるの妖怪えほん」が全5回を一挙放送

水木しげるの妖怪画が動き出す!Eテレ「水木しげるの妖怪えほん」が全5回を一挙放送

見逃していた人必見です!

6月9日からNHK Eテレにて月1放送されていた、てれび絵本「水木しげるの妖怪えほん」。この番組は水木しげるさんの妖怪画をもとに、ちょっぴりこわいけど楽しいアニメーションと合わせて読み聞かせする番組で、語りは佐野史郎さんが担当していました。

6月から10月まで計5回放送されていた本番組が嬉しいことに、11月6日(月)~10日(金)の5日間、一挙放送されることがわかりました。Eテレにて午前8時50分~8時55分の時間帯で放送されます。

「水木しげるの妖怪えほん」は番組初の試みとして4K画質で制作されており、対応機器をお持ちの方はその点においても楽しみなのではないでしょうか。

水木しげるさんの描く妖怪の世界は、怖いけれどもどこか楽しそうな雰囲気があり、日本古来の妖怪と人の関係性、”暮らしの中で妖怪の存在を受け入れている”感覚がとても絶妙ですよね。

水木しげるさんは、江戸時代後期に活躍した浮世絵師・鳥山 石燕(とりやま せきえん)の作品を参考にしていたこともあると言われていますね。

妖怪画といえばこれ!水木しげるも参考にした、江戸時代 鳥山石燕による妖怪図鑑「画図百鬼夜行」

鳥山 石燕(とりやま せきえん)という名前を聞いて「あぁ、あの人ね」とわかってしまう人はかなりの妖怪マニアの可能性。筆者は恥ずかしながら今回調べるまで知りませんでしたが、江戸時代後期に活躍した浮世絵師…

てれび絵本「水木しげるの妖怪えほん」、見逃した方、もう一度観てみたい方はお見逃しなく!

てれび絵本

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる