グルメ - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

子供の頃の驚きを再び!”ねるねるねるね”にパーティ仕様のでっかい「パーティねるねる」が登場だ!

子供の頃の驚きを再び!”ねるねるねるね”にパーティ仕様のでっかい「パーティねるねる」が登場だ!

昭和61年(1986年)に登場して以来、知育菓子のリーダー的存在として販売され続けているロングセラー菓子「ねるねるねるね」。新発売当初に放送されていた、魔女風の女性が登場するCMをまだ覚えている人も少なくないと思います。

「ねるねるねるね」は、中性~アルカリ性の色素が入った粉と、酸性の酸味料が入った粉を水と一緒に混ぜることで、お菓子の色が変化するという、理科の実験のような仕掛けが面白い知育菓子。こんな仕掛けがあって合成着色料・保存料不使用というのもスゴイ。

おねだりしたなぁ…ねればねるほど色が変わるロングセラー菓子「ねるねるねるね」は理科の勉強になる?

不思議なロングセラーは1986年生まれ「ねればねるほど色と味が変わる」不思議なお菓子、「ねるねるねるね」。子供の頃、夢中になった方も多いことでしょう。お子さんが自分で作って楽しめ、…

そんな「ねるねるねるね」になんとパーティ用の「パーティねるねる」が発売されることになりました。

パーティねるねる

おなじみのカラフルパッケージ!

本商品は「ねるねるねるね」のあの仕掛けはそのままに、4~5人分の大きな「ねるねるねるね」を作って、友達や家族と一緒に楽しめる商品。「パーティねるね」には、3種類の粉にトッピング4種、スプーンも4本ついていて、本格パーティ仕様。

3種の粉は、水と1番の粉をまぜると「黄色」になり、2番の粉を入れると「ソーダ色」に変化して膨らみ、「ブドウ味にかわる!袋」の粉を入れると色と味が変わるという、知育菓子の名に恥じない”不思議さ”でいっぱい。

トッピング4種は、「キャンディチップ」「シュワシュワトッピング」「☆・ハートトッピング」「カラフルトッピング」となります。

間もなくパーティシーズン突入の季節、デザートの時間にみんなで懐かしみながらねるねるしたら大人でも楽しめそう。「パーティねるねる」は11月7日(火)に全国のスーパーマーケット、ドラッグストア、コンビニエンスストアなどで発売です。

ねるね研究室 – クラシエ

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる