グルメ - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

人間失格、吾輩は猫である…AIを活用して名作文学の読後感をコーヒーで再現「飲める文庫」

人間失格、吾輩は猫である…AIを活用して名作文学の読後感をコーヒーで再現「飲める文庫」

AIの可能性がこんなところにも!

AIを活用したサービスが次々と発表される昨今、「そうきたか!」と思わせてくれる商品が発表されました。それは、NECとコーヒー豆専門店のやなか珈琲が共同で開発した、名作文学の”読後感”を珈琲の味わいで再現したブレンドコーヒー「飲める文庫」というもの。

この「飲める文庫」は、NECが、文学作品に関する1万件以上のレビュー文を、コーヒーの味覚指標に変換し、そのデータをAIに投入し分析モデルを作成。その分析モデルから作成した味覚指標のレーダーチャートを元に、やなか珈琲店のカップテスターがブレンドしています。(分析フローチャートはこちら

まさにAIと珈琲店のカップテスターのコラボレーションブレンドというわけです。今回考案されたブレンドコーヒーの元になった名作文学は6作品。太宰治や夏目漱石など錚々たる小説家の名著が並びます。

  • 島崎藤村「若菜集」
  • 太宰治「人間失格」
  • 夏目漱石「吾輩は猫である」「こころ」「三四郎」
  • 森鴎外「舞姫」

作品の内容そのものを味覚に変換したわけではなく、読者らの読後の感想を変換したというのもおもしろいところ。最終的に完成した作品に対する味覚指標のレーダーチャートは、苦味、甘み、余韻、クリア感、飲みごたえの5つの指標からなります。それぞれの作品の分析結果はこちら。

「飲める文庫」は、ビーンパッケージが10月27日(金)〜11月30日(木)の期間限定で、やなか珈琲店店舗、やなか珈琲店の通販サイトで販売。価格は950円/100g(税込)。

また、6作品が飲み比べできるドリップバックセットも販売されます。ドリップバックセットは11月8日(水)〜11月30日(木)の期間限定で2340円(税込)。販売店舗はビーンパッケージと同じです。

やなか珈琲店

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる