歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

そうだったの?江戸時代 寒くなってきたら冬支度…江戸時代、暖を取るなら火鉢やこたつが必須アイテム

寒くなってきたら冬支度…江戸時代、暖を取るなら火鉢やこたつが必須アイテム

冷え込む季節になったら寒さ対策

エアコンや灯油ストーブ、電気カーペットなど、さまざまな暖房器具がある現代。冬でも暖かく過ごすことが当時は暖をとるものが火鉢こたつくらいしかありませんでした。囲炉裏があれば建物全体が暖まるので嬉しい限りですが、火災が多く木造の家が密集している江戸では、一般の家では囲炉裏は難しかったのです。船宿などには囲炉裏があったようですね。

鈴木春信「十二ヶ月(年中行事の内)十月 時雨と火鉢」

寒さ対策でまずやることは厚着でした。ありったけの着物を着れるだけ着込んだら、火鉢に手をかざしたり、炬燵にすべりこんで暖まります。

2ページ目 江戸時代の暖房器具いろいろ

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる