歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

色恋沙汰に金銭トラブル…実は「東海道中膝栗毛」の原作はなかなかのカオスっぷり

色恋沙汰に金銭トラブル…実は「東海道中膝栗毛」の原作はなかなかのカオスっぷり

前回は、弥次さんと喜多さんの馴れ初めは実はボーイズラブ?というちょっぴり衝撃的な真実をご紹介しましたが、今回は、東海道中膝栗毛の弥次さん喜多さんの江戸での珍事件と、それを起因にした旅立ちを紹介していきます。

男女関係がもつれた結果、八丁堀は大騒動!

さて、江戸についた弥次郎兵衛は鼻之助を喜多八と命名して元服させて奉公先を紹介してやり、自分は神田八丁堀の裏長屋で油絵を描く職人として働きます。世話好きな知人からおふつと言う女性を紹介して貰って結婚し、平和な暮らしを手にします。

喜多八も店の老主人と若く美しい奥方様に重宝され、奉公人として順調な人生を送っていたのですが、彼が奉公先の金を使い込んだと弥次さんの家に助けを求めて来たことから運命は暗転します。

長年可愛がって来た弟分であり恋人でもある喜多さんを使い込みでクビにはさせたくないが、今の自分にはそんな金はない…悩み抜いた彼はある計略を思いつきました。生真面目だけが取り柄の地味な妻に飽きていたのと、15両もの持参金つきでお壺なる若い嫁さん(ただし懐妊中)を迎えて喜多さんを救えると知った弥次さんは、こともあろうか近所の女の子と男性を誘って例の計略を実行します。

奥方の再婚相手候補である弟分を救うことで、商家の財産も手に入って昔のような金持ちになれると考えたのでしょう。金に目がくらんだ弥次さんは二人を府中時代の婚約者とその兄である武士だと偽り、三人がかりでおふつを離縁に追い込んでしまうのです。

2ページ目 スピード結婚&離婚…これが旅立ちの発端だった!

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる