雑貨・インテリア - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

俳優・山田孝之のブランド「FORIEDGE」が江戸ガラスによるユニークなグラスを発表

俳優・山田孝之のブランド「FORIEDGE」が江戸ガラスによるユニークなグラスを発表

カメレオン俳優・山田孝之と文字盤が動く腕時計ブランド「ブリラミコ」創業者の山口友敬が立ち上げた新ブランド「FORIEDGE(フォリエッジ)」。第1弾プロジェクトがクラウドファンディングに登場して話題となっています。

FORIEDGEで取り組む「傾奇者PROJECT」では、日常にはない「違和感」をブランドの軸に、非日常を感じさせるモノを表現しているのだそう。

異なる分野で活躍しながらも、新しいものを作り上げることが好きな2人が着目したのは、伝統工芸品の江戸ガラス。エンターテイナーと、伝統的工芸品とが出会い、なんとも不可思議な形をしたプロダクツが誕生しました。

クラウドファンディングプロジェクトには、コンポート、日本酒グラス、ゴブレット、シャンパングラス、白ワイングラス、赤ワイングラスの、6種類のグラスがラインナップしています。

FORIEDGEのグラスの最大の特徴はそのフォルム。ぐにゃりと曲がったガラスの足は、不安定さがスリリングなデザイン。ワイングラスとシャンパングラスの器部分には凹みが付けられ、足の危うさとあいまって非日常感あふれる仕上がりです。台座部分は普通のグラスよりも少し大きめになっていて、安定しておける実用性を兼ね備えています。

シリーズのグラスは、江戸ガラス職人が1つずつ手作りで製作しているため、足の曲がり具合や、凹みの形はそれぞれに異なり、世界にひとつだけの特別なグラス。独創的な形は、まさに職人芸。東京の江戸ガラス職人にしかできない唯一無二の1客です。

現在挑戦中のクラウドファンディングでは好調なスタートを切り、プロジェクト達成率は80%を超えてゴールも目前。13,122円から出資が可能となっています。リターンにはグラスやロゴTシャツ、フォトブック、レセプションパーティーへの招待などが用意されています。

なお、FORIEDGEの次の新商品は2018年初旬に発売予定とのこと。これからの活動も楽しみです。

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる