歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

妖怪マニア度が試される!妖怪に対する理解度をはかる「境港妖怪検定」が今年も開催

妖怪マニア度が試される!妖怪に対する理解度をはかる「境港妖怪検定」が今年も開催

妖怪好きのみなさん、今年も妖怪検定が開催されますよ〜。

2017年で第12回を迎える『境港妖怪検定』は、日本初の妖怪に対する理解度をはかり、妖怪博士として認定する公式検定。妖怪といえば!の水木しげるさんの出身地である鳥取県境港市と、ゆかりの東京都調布市の2会場で試験が実施されます。受験申し込みは、2017年8月13日から開始され、現在受付中です。

検定は、初級、中級、上級の3クラス。初級と中級は会場で受験可能であれば誰でも挑戦することができますが、上級試験は中級試験の合格が受験資格として必要です。

初級、中級は公式テキストの中からそれぞれ約50問が出題されます。中級の公式テキストは、今回から変更になっていますので、ご注意ください。上級は提示されたテーマについて1200文字以内で述べる論文形式の試験となり、広く深い知識が必要とされるなかなか手強いものとなっています。

合格者には合格証書と妖怪博士ピンバッヂ

見事合格の暁には、合格証書と妖怪博士ピンバッジが授与されます。赤の上級ピンバッジは、これまでに16人しか手にしていない栄光の証。妖怪ファンも水木しげるファンも気になる検定、妖怪博士を目指して挑戦してみませんか?

第12回境港妖怪検定

試験日時: 2017年10月22日(日)
試験会場:境港会場…境港商工会議所(鳥取県境港市/地図)、調布会場…調布市市民プラザあくろす(東京都調布市/地図)
受験種目:初級・中級(境港会場・調布会場の2会場で実施)、上級(境港会場のみ)※すでに中級に合格している方のみ受験可能。
受験申込期間:2017年8月13日(日)~2017年9月30日(土)
申し込み:インターネット、または郵送で申込み。詳細は公式サイトの実施概要をご確認ください。

境港妖怪検定

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる