歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

そうだったの?江戸時代 江戸時代、男色のための陰間茶屋には客を満足させる為にネギが常備されていた?

江戸時代、男色のための陰間茶屋には客を満足させる為にネギが常備されていた?

客に満足してもらうために、ぐっとガマン!

客は、女と同じ快楽を求めていません。陰間茶屋でしか味わえない快楽を求めて、やってきます。堅くて太いモノだったら、痛いなんていうものじゃなく絶叫したかったでしょう。それでも歯を食いしばって、耐えて耐えて耐え抜いていたのです。

「陰間との性交を描いた春画」鈴木春信

そんなときは、潤滑剤をたっぷり塗りつけていたそう。男娼として初めて接客するときは、どの陰間も通る道。山しょうの粉をアナルの内に差し入れて、その痒さで痛みを紛らわすと最後までできるともいわれていました。

とはいえ、無理やり挿入されたら、やはり肛門も傷ついてしまうようで。肛門が傷ついたら、蒸したネギの白い部分をあてて処置していたとか。そんなわけで、いつも瓶にたくさんのネギが常備されていたのです。

陰間のほとんどは痔持ちだったとのこと。陰間通いする客にとっては快楽ですが、陰間にとっては身体を張っての接客でした。もちろんお客の前で苦しそうな様子を見せてはいけませんから、優雅に。

陰間茶屋が賑わっていたのも、陰間たちのこんな努力や苦労があってこそなのですね。

参考文献:田中 夏織(2002)『お江戸吉原草紙』原書房.永井義男(2016)『江戸の売春』河出新房新社.蕣露庵主人(1994)『江戸の艶本と艶句を愉しむ』三樹書房.

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる