歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

男娼がいる江戸時代の「陰間茶屋」客は男性だけではなく女性にも人気だった?

男娼がいる江戸時代の「陰間茶屋」客は男性だけではなく女性にも人気だった?

大奥の女中にも人気!陰間茶屋

大奥の女中たちは、たまに城の外に出掛ける用事があるときや芝居見物に出かけるとき、チャンスとばかりに陰間茶屋に行ったようです。用事はさっさとすませて芝居もはやめに切り上げ、陰間茶屋が真の外出の目的だったのかも?

大奥の女性たちは自慰はするものの、男性経験はほとんどなし。後腐れがなく、その場限りの陰間茶屋は、彼女たちにとって絶好の遊びだったのでしょう。男娼は客あしらいが上手く、自分を買った女に不満を残すことがないよう接客するので、女も大満足。男娼じゃないと満足できなくなってしまうのかもしれませんね。そして、陰間の優雅な外見に不釣り合いなほどに、太くて逞しいものを目にしてそのギャップに驚いてしまう女も多かったようです。中にはあまりにそのギャップがショックで、陰間買いをやめてしまった女もいるほど。

男性客だけでなく女性客をも夢中にさせた陰間は、覚えるべきこと我慢することもたくさんあったわけですね。

参考文献:お江戸吉原草紙 原書房江戸の売春 河出新房新社江戸の艶本と艶句を愉しむ 三樹書房

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる