グルメ - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

江戸時代グルメ雑学(7)江戸の高級寿司屋バトルにお江戸は騒然?

江戸時代グルメ雑学(7)江戸の高級寿司屋バトルにお江戸は騒然?

@
2017/07/25

「江戸時代グルメ雑学(1)「握り寿司」は江戸っ子が生んだファストフード」で、江戸時代、華屋与兵衛が開業した高級寿司店を、少しだけ紹介しましたが、本項ではその与兵衛寿司とそのライバルに付いて紹介していきます。

ゴージャスさでは随一!江戸っ子垂涎の与兵衛寿司

握り寿司の考案者とも言われる華屋与兵衛が文政7年(1824年)に開業した寿司店の特徴は、初のワサビ使用だけでなく、豪勢なネタをふんだんに使っていたことです。飲食店における他業者との競争は当時から激烈で、与兵衛がぜいたくな寿司ネタを使わざるを得なかったのは、そうした競争に原因がありました。

また、天保の改革(1830年~1843年)でぜいたく禁止令が出た時は、“アナゴの寿司を扱った”との理由で彼が逮捕されたことがあったという逸話も残っています。天保の改革が終わった15年後の安政5年(1858年)に60歳で与兵衛は亡くなりますが、その流れを汲む店は昭和5年(1930年)に閉店するまでのおよそ百年以上、両国で営業し続けました。

2ページ目 共に江戸三鮨と賞賛されたライバル店の存在

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる