観光・地域 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

これは楽しみ!職人に1日弟子入りして小刀などを造り上げられる「工場参観日」

これは楽しみ!職人に1日弟子入りして小刀などを造り上げられる「工場参観日」

職人って格好いい。

2017年8月23日から26日までの4日間、刃物の名産地で日本のクラフトマンシップを体感できるイベント「岐阜県関市の工場参観日」が開催されます。

刃物で有名な、岐阜県関市で1年に1回開催されるイベント「岐阜県関市の工場参観日」。地元の様々なメーカーの工場が開放され、普段は見ることのできない工場の内部を見学できる貴重な機会です。

イベントで訪問できる工場の多くは、通常見学者を受け入れていないため、見学ツアーや見学者用ルートなどはありません。工場参観日では、実際の職人さんが工場内部を案内、説明してくれるので、職人さんと同じ空間、雰囲気を共有できるのがこのイベントの最大の魅力です。

回数を重ねて4回目の開催となる2017年は工場見学のほか、1日限定、参加人数限定で、本物の職人に弟子入りしてオリジナル製品作り体験ができるコースが登場しました。職人さんの世界を垣間見られる参加券はクラウドファンディングで、支援者を募集中です。

今回弟子入りできる工場は全部で8工場。それぞれの職人さんの元で弟子となって、オリジナル製品を作ります。

  • 【刀匠】小柄の鍛錬
  • 【鉄家具職人】アイアンスツール
  • 【鋏職人】超精密ハサミ
  • 【彫刻刀職人】オリジナル彫刻刀
  • 【ナイフ職人】ダマスカスペーパーナイフ
  • 【焼入れ職人】包丁の焼入れ
  • 【印刷職人】オリジナルトランプ
  • 【ラーメン職人】魂の手打ちラーメン

熱い鉄を打ったり、火花を飛ばしながら研磨したり、なかなかマニアックな作業を体験できるようです。すでに定員いっぱいとなっているコースもあるようなので、気になる工場があったらお早めに。

イベントでは、工場見学、弟子入り体験のほか、カードラリーやワークショップも実施されます。関市文化会館ロビーのインフォメーション会場では、のこぎり屋根が設置され、関市内各社のものづくりの心意気が並びます。アツい工場見学の後は、インフォメーション会場でプレゼントされるひんやり冷たいかき氷でひと休み。

工場から聞こえてくる音に、中の様子を想像したことはありませんか?大人も子どもも、ワクワクできる工場見学。夏休みの終わりにお出かけしてみてはいかがでしょうか。

公式サイト:関の工場参観日

クラウドファンディング:岐阜県関市の工場参観日。職人に弟子入りして、自分だけの逸品を造り上げよう。

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる