日本画・浮世絵 - アート - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

18点が一挙公開!上村松園の美人画にフォーカスした展覧会「上村松園ー美人画の精華ー」開催

18点が一挙公開!上村松園の美人画にフォーカスした展覧会「上村松園ー美人画の精華ー」開催

2017年8月29日〜10月22日まで、東京都渋谷区広尾の山種美術館で開催される企画展「上村松園 ー美人画の精華ー」は、上村松園の美人画にフォーカスした展覧会。同館の所蔵する上村松園作品全18点が一挙に公開されるほか、さまざまな画家たちが描いた女性がテーマの作品らも同時に展示されます。

山種美術館の創立者である山﨑種二が親しく交流した画家、上村松園は、明治時代〜昭和にかけて活躍した女性日本画家。「女性は美しければよい、という気持ちで描いたことは一度もない。一点の卑俗なところもなく、清澄な感じのする香高い珠玉のような絵こそ私の念願とするところのものである」との言葉を残し、生涯を通じて美しい女性たちの姿を描き続けました。

究極の美人画!着物の美人女性を描き続け、絵を描くために生き続けた日本画家「上村松園」

上村 松園(うえむら しょうえん)という日本画家を知っていますか?絵画に興味のある方であればその名前を聞いたことがある人は多いかと思います。私も名前は聞いたことはありましたが作品自体を拝見したことは今…

同展で紹介される作家は、上村松園のほか、鈴木春信、喜多川歌麿、菱田春草、奥村土牛、和田英作、片岡球子ら、幅広いジャンルのバラエティに富んだ顔ぶれ。同館の所蔵作品に加え、月岡芳年の代表作「風俗三十二相」も特別展示されるとのこと。

月岡芳年《風俗三十二相》のうち「うるささう」

多くの画家の心をとらえた画題であった舞妓や芸妓を描いた作品も大集合。男性画家と女性画家の視点の違いや、画家の個性があふれる多彩な表現を見比べてみるのも楽しそう。

浮世絵、近代日本画、洋画。江戸時代から現代まで。カテゴリーも時代も違う美人たち。作品の中に描かれた和装や洋装も見どころの一つ。絵の中の女性たちがまとう、古今のヘアスタイルやファッションもご堪能下さい。

同展の主な出品総数は約90点。会期中には一部展示替えがありますので、お目当ての作品をお見逃しないよう、ホームページをチェックしてみて下さい。

上村松園ー美人画の精華ー

会期:2017年8月29日(火)~10月22日(日) *会期中、一部展示替えあり
会場:山種美術館
開館時間:午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:月曜日(9/18(月)、10/9(月)は開館、9/19(火)、10/10(火)は休館)
入館料:一般1000円(800円)・大高生800円(700)円・中学生以下無料
割引:きもの・ゆかた割引、リピーター割引

【企画展】上村松園 ―美人画の精華― – 山種美術館

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる