歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

そうだったの?江戸時代 江戸時代の遊郭、遊女デビューのタイミングは初潮次第?

江戸時代の遊郭、遊女デビューのタイミングは初潮次第?

遊女デビューのタイミング

吉原には、幼いころに妓楼に売られた子・禿(かむろ)もいます。彼女たちは見習いの身分で、花魁の下で雑用をしながら遊女としての躾を受けるのです。そして15、16歳の頃に新造(下級遊女)となり、初めて客をとるのですが、正確に何歳で新造になるかは決まっておらず、そのタイミングは初潮次第でした。

鳥居清峯「新吉原江戸町二丁目 佐野升屋内 御代春」

初潮がきたら、まず「水揚げ」という儀式を行います。いわゆる処女の破瓜(はか)ですね。たとえ楼主であっても、水揚げをすることはありませんでした。また、経験の浅い若い男が水揚げをするのも、新造の未発達な局部を傷つけて、しばらく客をとれない状態になる危険性があるといわれたそう。

では、水揚げをするのにどんな人が適役かというと、40歳以上の気心しれた常連客だったのです。当時の40歳というと初老で、「40以上ならたとえたったとしても、どこかやわらかでふうわりするだろう」と言われていました。ほどよく歳を重ねている方が性経験も豊かで、新造を痛めることもないだろうと信頼されていたのです。

2ページ目 処女との性交への憧れ

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる