歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

そうだったの?江戸時代 江戸時代、娼婦は吉原の遊女以外にもいた。まるでアルバイト感覚の提重や夜鷹

江戸時代、娼婦は吉原の遊女以外にもいた。まるでアルバイト感覚の提重や夜鷹

江戸で遊廓といえば、吉原。吉原の遊女は、きちんと役所に登録または警察から鑑札をもらって営業をしている娼婦(公娼)です。とはいえ、吉原で遊ぶにはかなりのお金がかかるので、頻繁に通うのが難しい人は多かったのです。では、吉原に行かない人はどんな所で遊んでいたのでしょうか?

それは、許可を得ずにもぐり営業をしている私娼の所です。彼女たちは見つかったら、すぐに処罰されてしまいます。いったんは消えるものの、しばらくしたらまたもぐり営業を再開して…の繰り返し。

私娼って?

私娼には、提重や夜鷹、船饅頭、地獄などがあったそう。提重(さげじゅう)は、武家屋敷や辻番所に手提げの重箱を持参して、女商人のふりをして商売します。もちろん、実際には女商人ではなく売春が目的です。この提重には、若くて美しい妻が多かったそう。低収入の夫のためにこっそりと働くこともあれば、夫が金の無心のために提重になることを強要することも。

2ページ目 夜鷹には熟女もいた?そのほかにも色んな呼び方が

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる