着物・和服 - ファッション - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

「浴衣ですずむ、着物でめかす」水金地火木土天冥海の2017年浴衣コレクション発表

「浴衣ですずむ、着物でめかす」水金地火木土天冥海の2017年浴衣コレクション発表

東洋の手仕事をコンセプトにするH.P.FRANCEのセレクトショップ「水金地火木土天冥海」、略して「水金」で、2017年も浴衣コレクション『浴衣ですずむ、着物でめかす 水金の浴衣2017』が登場しています。

今年の夏は『浴衣ですずむ、着物でめかす』をテーマに、浴衣として着るだけでなく、半襟や足袋などの小物を合わせて、夏着物としても楽しむ着こなしが発表されました。初夏から盛夏は浴衣として、晩夏は夏着物として楽しめば、シーズン中いろいろな着こなしを満喫することができます。

今年のラインナップも、落ち着いた雰囲気のシックな色合いと柄のステキ浴衣が揃いました。正統派の「竺仙」、「傳tutaee」、「SLADKY」がラインナップしている、2017年コレクションをいくつかご紹介します。

竺仙 奥州小紋

帽子と日傘、兵児帯で盛夏を涼しく。小物を変えると晩夏の夏着物としておめかし。

竺仙 弁柄染め

存在感のある籠バッグがアクセントのコーディネートは、アクセサリーで個性的に。落ち着いたグリーンの浴衣は、エキゾチックな唐草と鳳凰が描かれた渋い一着。半襟と足袋を合わせて、品よく大人の着こなし。

竺仙 松煙染

肌色をより白く見せてくれる深い色味が特徴的な松煙染の浴衣。独特の渋味のある色は、松の木の根を燻した煤を染料としています。

2ページ目 切り絵のように繊細な花柄、そして美しいボカシの色

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる