日本の伝統技術とマリメッコが出会う。様々なジャンルの職人とマリメッコがコラボ「We Love Japan」

日本の伝統技術とマリメッコが出会う。様々なジャンルの職人とマリメッコがコラボ「We Love Japan」

フィンランドのMarimekko(マリメッコ)と日本の伝統技術がコラボレーションです。

可愛らしいパターンデザインが特徴のMarimekko。そのデザインが施されたファッションアイテムやインテリア、雑貨などは日本でもとても人気です。そんなMarimekkoと日本の伝統技術の職人さんの技が融合したアイテムを展示・販売するポップアップショップが、期間限定で伊勢丹新宿店本館に登場しますよ。

6月7日(水)〜 6月13日(火)の7日間で開催される「We Love Japan – The Isetan edition」では、Marimekkoと職人さんが"We Love Japan"をテーマに様々なアイテムを製作。登場するアイテムは多岐にわたります。

国産家具のカリモク家具が手がける「カリモク ニュー スタンダード」のソファーとMarimekko柄のコラボや、有田焼の窯元である「畑萬陶苑」「福泉窯」の杯や香炉、飯椀などもMarimekkoの柄を携えてとっても可愛らしい陶器に。

<カリモク ニュー スタンダード>Sofa

木工轆轤挽きの技術をもとに作られた「畑漆器店」のウッドボックスや手ぬぐい専門店「かまわぬ」の手ぬぐいなどともコラボレーション。デザインだけではなくそのカラーリングにも注目です。

今回のポップアップショップでは日本の伝統技術の他に、日本の伝統色にも着目。「藍鉄(あいてつ)」「漆黒(しっこく)」「紅緋(べにひ)」など古来から日本人が好んできた色を使用したアイテムも多数登場します。

Marimekkoが手がける柄は、Marimekkoを知らない人でもきっと街中で一度は目にしたことがあるでしょう。現代の日本カルチャーに受け入れられ人気のMarimekkoと古来日本から長く受け継がれてきた伝統技術が出会い制作されたアイテムの数々は一見の価値があるかもしれませんよ。

Marimekko pop up shop “We Love Japan-The Isetan edition”

日時:2017年6月7日(水)〜13日(火)
場所:伊勢丹新宿店本館1F=ザ・ステージ

Source: <マリメッコ>と日本の職人の技が織りなす柄の世界 – 伊勢丹新宿店

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる