エンターテイメント - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

ワォこれは楽しみ!中村獅童と初音ミクが共演した超歌舞伎がEテレ「にっぽんの芸能」で放映

ワォこれは楽しみ!中村獅童と初音ミクが共演した超歌舞伎がEテレ「にっぽんの芸能」で放映

古典芸能の初心者から愛好家まで、幅広い層を対象にその魅力をわかりやすく紹介する番組、Eテレ「にっぽんの芸能」に、「超歌舞伎」の最新公演が登場することとなりました。

今回、テレビに登場するのは2017年4月29日、30日に千葉県の幕張メッセで開催されたニコニコ超会議で上演された新作「花街詞合鏡(くるわことばあわせかがみ)」。

前年よりもパワーアップした超歌舞伎の第2弾は、江戸・吉原を舞台に中村獅童演じる伊達男と、初音ミクが演じる花魁のスペクタクルな恋物語が展開する物語。舞台と映像とが連鎖しながらストーリーが展開していきます。

「超歌舞伎」は、現実の歌舞伎俳優・中村獅童とバーチャルシンガーの初音ミクが共演し、観客もネットへの書き込みで舞台に参加できる、いまだかつてないエンターテインメント。伝統芸能とNTTの先端技術ニコニコ動画の斬新なコラボレーションは、「ニコニコ超会議2016」で初お目見えとなり大きな話題となりました。2016年に上演された「今昔饗宴千本桜(はなくらべせんぼんざくら)」は、数々の賞を受賞。

舞台上の人物をリアルタイムに抜き出して別の場所に立体的に投影する技術、2次元のキャラクターを3Dでリアルに表現する『AR技術』など、最先端のテクノロジーが駆使された舞台は必見です。

役者の背後には、ニコニコでおなじみの流れるコメント。「萬屋!」「初音屋!」「重音屋!」「紀伊国屋!」「電話屋!」。会場の掛け声に加え、テキストでの大向うも舞台上に映し出されます。テレビ番組で50分間にわたって、映像と一緒にニコニコのコメントが放送されるのは初の試みなのだそう。

現代だからこそ実現した超歌舞伎。出演は、中村獅童、初音ミクに加え、澤村國矢 中村蝶紫、重音テトほか。放映は 2017年6月9日(金)午後11時と、再放送 6月12日(月)午後0時の2回。

現代歌舞伎の新しい試み、伝統芸能と最先端技術の融合をお見逃しなく!

画像出典:にっぽんの芸能 – NHK

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる