ファッション - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

日出ずる国へのオマージュ。ネオ・ジャポニスムにインスパイアされたアクセが素敵!

日出ずる国へのオマージュ。ネオ・ジャポニスムにインスパイアされたアクセが素敵!

パリのコスチューム・ジュエリーブランド「アガタ パリ」から、新作コレクション「Soleil Levant(ソレイユ ルヴァン)」が発売開始となります。

日本限定コレクションの「ソレイユ ルヴァン」は、フランス語で「昇る太陽」という意味。日出ずる国へのオマージュとして、ネオ・ジャポニスムにインスパイアされたアクセサリーたちです。

19世紀中頃のヨーロッパ、特にフランスを中心に日本趣味の人気が高まり、ジャポニスムと呼ばれるブームが巻き起こりました。浮世絵、琳派、工芸品など、西洋の画家や作家たちに大きな影響を与えたジャポニスムが、近年再燃し「ネオ・ジャポニスム」としてトレンドとなっています。

現代日本の新しい文化にインスパイアされたコレクション「ソレイユ ルヴァン」は、扇モチーフのパターンや色合い、ラウンドモチーフが、ポップなのにノスタルジックな印象を感じさせます。

同コレクションには、ピアス、ネックレス、カフブレスなどの21アイテムがラインナップ。シックでモダンなアイテムは、普段着のおしゃれにアクセントとなるモード感を加えてくれます。

濃いオレンジ色を基調としたアクセサリーは、夏の太陽の下で映えそう。アール・デコ調の扇のパターンは、日本の伝統柄を思わせるデザイン。カフブレスやピアスは、浴衣姿にも可愛く似合いそうです。

「ソレイユ ルヴァン」コレクションは、まさに古今東西が融合して誕生したアクセサリー。昔と今、パリと日本。エレガントなフレンチスタイルにも和モダンアイテムにも見えるアイテムは、和服でも洋服でも楽しめそうです。2017年5月20日(土)から、全国のアガタ パリのお店で発売されます。

アガタ パリ - AGATHA PARIS

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる