エンターテイメント - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

フィギュアスケートと歌舞伎がコラボ!氷上の舞台「氷艶 HYOEN 2017 破沙羅」が話題

フィギュアスケートと歌舞伎がコラボ!氷上の舞台「氷艶 HYOEN 2017 破沙羅」が話題

今週末5月20日から22日の3日間、歌舞伎の常識を覆す新たな歌舞伎が、国立代々木競技場にて上演します。
その名も「氷艶 HYOEN 2017 破沙羅」。


大評判のスーパー歌舞伎など、近年どんどん進化している現代歌舞伎。今回はなんと、フィギュアスケートとのコラボレーションなのです!総合演出の市川染五郎さんによれば、「善と悪の対比」を様々な時代の登場人物を通して描く壮大な作品になるとのこと。

出演者はスケート界、歌舞伎界を代表する大人気役者、大人気スケーターばかり。歌舞伎ではおなじみの悪役、仁木弾正を染五郎さん。「善」の象徴である判官義経を高橋大輔さん。そして謎に包まれた「女神」を荒川静香さんが演じます。

相関図(公式サイトより)

相関図(公式サイトより)

この氷艶 HYOEN 2017 破沙羅では、古事記の世界観も取り入れられ、歌舞伎「日本振袖始(にほんふりそではじめ)」を彷彿とさせます。配役も豪華。瓊瓊杵命(ににぎのみこと)を、号泣キャラで人気の織田信成さん。彼の美しい妻である木花開耶姫(このはなさくやひめ) を浅田真央さんの実姉である浅田 舞さん。瓊瓊杵命を手助けする天鈿女命(あめのうずめのみこと)を、先日惜しまれつつ選手を引退した村上佳菜子さん。瓊瓊杵命にフラれて八岐大蛇になってしまう岩長姫を、人気女形の市川笑也さんが魅せます。

振付師にも注目。歌舞伎界から日本舞踊尾上流四代家元の尾上菊之丞さん、フィギュア界からは現役時代の高橋大輔さんの振付を多く担当した宮本賢二さんが担当。これを聞いただけでもフィギュアファン、歌舞伎ファンには垂涎ものです。

猿田彦と武蔵坊弁慶がリンクしている役どころもあり(演者は中村亀鶴さん)、まるで手塚治虫の「火の鳥」のよう。その他にも暁斎の絵でお馴染みの地獄太夫(中村蝶紫さん)や、大化の改新の蘇我入鹿(澤村國矢さん)、はてまたは石川五右衛門(片岡松十郎さん)、酒が大好きな鬼、酒呑童子(中村かなめさん)まで出てきてどうやら時や設定を超えた面白い演出になりそうです。

氷上で二つの異なる伝統と芸術の良さが合わさると、どんな歌舞伎になるのか・・・。まったく予測ができない分、楽しみも倍増です。これは絶対、見逃せません!

氷艶 HYOEN 2017 破沙羅 公式サイト

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる