歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

江戸時代グルメ雑学(3)将軍も惚れ込んだ江戸初期の「天ぷら」ってどんなもの?

江戸時代グルメ雑学(3)将軍も惚れ込んだ江戸初期の「天ぷら」ってどんなもの?

欧米やアジアなど海外の人が好む日本料理のひとつに、天ぷらがあります。新鮮な魚介類や野菜など素材のバリエーションの豊富な天ぷらは、多くの人に愛されるメニューになっています。実はこの天ぷら、日本独自の料理と思いきや、海外の様々な文化とコラボレーションした国際的な料理なのです。

月岡芳年「風俗三十二相 むまそう」

キリスト教徒の精進料理だった天ぷら

天ぷらは漢字で天麩羅と書きますが、それは諸説が存在し、天麩羅と書いて『あぶら』と読んだのを訓読みした説や、『フラリと江戸に来た天竺浪人(浮浪人)』が作ったと言う説がありますが、戦国時代の日本に貿易や布教に来たヨーロッパ人の食生活に由来するとする説が有力です。

主な語源には、スペイン語ないしはイタリア語で斎日を指すtémporas、ポルトガル語で精進料理を意味するtemplo、ポルトガル語で魚を食べる金曜日の祭事を意味するtemporrasがあります。

いずれも欧州では宗教上の理由から、獣肉の代用として魚を食べる精進日があることに起因し、油で硬くする調理を意味するポルトガル語のtemperar説とも相まって、キリスト教徒が精進日に食べた魚の揚げ物が天ぷらのルーツと呼ばれているのです。

次ページ: 家康が好んだ天ぷらの正体は南蛮漬け?

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる