歴史・文化 - 歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

これが戦前の東京!昭和11年頃に撮影、かなり貴重な東京の空中写真を国土地理院が公開

これが戦前の東京!昭和11年頃に撮影、かなり貴重な東京の空中写真を国土地理院が公開

国土地理院が公開しているウェブ地図「地理院地図」でとっても貴重な写真データが公開されました!

4月28日(金)から同ウェブ地図で公開されたのは、1936年(昭和11年)頃に撮影された東京23区(世田谷区の一部を除く)の空中写真。戦前の東京の姿です。

今回公開された空中写真は、国土地理院が公開していた519枚の空中写真をつなぎ合わせたもので、そのつなぎ合わせた写真をさらに地図上に配して、現在の地図や別年代の地図と見比べられるようにしたものです。

この空中写真が閲覧できるウェブ地図ではエリアの検索もできるため、例えば「東京駅」「皇居」といったキーワードを入力することで、その場所の昭和11年頃の様子をすぐに確認することができます。

1936年(昭和11年)頃の墨田区押上。もちろん東京スカイツリーはまだない。

国土地理院によると、これだけの広さの戦前の空中写真が閲覧できるのは初めてのことなのだそうで、土地調査や学校教育などでの活用が期待できるとしています。

1936年(昭和11年)頃の東京駅周辺。

ウェブ地図は住所で検索することもできますので、都内在住の方や都内に職場がある方は、戦前はどんな姿だったのかをチェックしてみるのも面白そうです。

1936年(昭和11年)頃に撮影された東京23区の空中写真は以下リンクからどうぞ。左メニューの年代をクリックすることでその年代の地図が表示されます。
地理院地図で表示

国土地理院 ニュースリリース

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる