ファッション - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

最高峰に伝統工芸の美が宿る…。腕時計「ザ・シチズン」に土佐和紙を採用したモデルが登場

最高峰に伝統工芸の美が宿る…。腕時計「ザ・シチズン」に土佐和紙を採用したモデルが登場

シチズンの腕時計「ザ・シチズン」から素敵な文字板のモデルが発表されましたよ!

発表されたのは、ザ・シチズンの文字板に日本伝統工芸の手漉き和紙を採用した「和紙文字板モデル」。和紙を採用したのはこれが初なのだそうです。加えて本モデルは年差±5秒の光発電「エコ・ドライブ」を搭載しています。

ザ・シチズンは1995年の創立65周年を記念して誕生した腕時計で、シチズンブランドの最高峰として展開。そんなプレミアムなシリーズと日本の伝統工芸が融合しました。

本モデルは、光発電「エコ・ドライブ」の文字板素材を研究・開発する中で、障子など光を取り込むために用いられてきた和紙に着目し、薄さと丈夫さが特徴の土佐の手漉き和紙が採用されました。

和紙は職人による手漉きのため、一つ一つ表情が違います。そこがまた一つの魅力となり、ザ・シチズンのプレミアム感をさらに高みへと誘っている気がします。文字板に和紙が採用されている他は、とてもベーシックなデザインにまとめられており、それが逆に和紙の存在感を際立たせています。

「ザ・シチズン 和紙文字板モデル」はシルバーとシルバー&ゴールドの2モデルで、5月12日に発売。メーカー希望小売価格は各330,000円+税となっています。

ザ・シチズン

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる