着物・和服 - ファッション - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

和装は入館無料!大正ロマン・竹久夢二の作品約200点が出展「夢二ロマン 神戸憧憬と欧米への旅」

和装は入館無料!大正ロマン・竹久夢二の作品約200点が出展「夢二ロマン 神戸憧憬と欧米への旅」

大正ロマンを代表する画家・竹久夢二。現在、竹久夢二美術館で「夢二が描く大正ファッション」という、"大正ロマン"好きにはたまらない展覧会が開催中ですが、

間違いないやつ〜!竹久夢二の作品から大正ロマンのオシャレ考察「夢二が描く大正ファッション」開催

竹久夢二と大正ファッションだと…?間違いないやつ〜!大正時代を代表する画家・竹久夢二。画家としてだけでなく広告物や雑貨、浴衣などのデザインも手がけマルチな才能を発揮していた人物で、"大…

4月15日からはまたまた興味深い竹久夢二の展覧会が新たに開催されます。今回紹介するのは「夢二ロマン – 神戸憧憬と欧米への旅」という展覧会です。

夢二は少年の一時期を神戸で過ごしました。このころ遥か異国に夢を馳せ画家になることを決定づけたとも考えられます。後年の夢二の作品が異国情緒にあふれていることからも神戸での体験が息づいていたのではと。

本展では愛らしい舞妓姿の美人画、屏風絵、オリジナルの港屋版画をはじめ、特別出店となる欧米滞在時の素描作品など約200点が出展します。

【1】七夕 婦人グラフ(大正15年7月号表紙)  【2】湖畔の舞妓 大正初期

夢二の作品は純粋にアート作品として楽しめるほか、ファッション雑誌でコーディネートを参考にするように女性の装いを学ぶことができるのも面白いところ。着物の色合わせなどを実際に参考にしている方も少なくないのではないでしょうか。

こたつ(中村扇雀丈へ) 大正初期

「夢二ロマン – 神戸憧憬と欧米への旅」は4月15日(土)~6月25日(日)の期間、神戸市・神戸ファッション美術館で開催します。

そしてそして嬉しいことに、和装で来館の方は入館無料とのこと!夢二ファンはもちろんのこと、着物や大正ロマンなどのファッションに興味ある方にもオススメの展覧会。気になった方はぜひチェックしてみてください。

夢二ロマン 神戸憧憬と欧米への旅

  • 場所:神戸ファッション美術館
  • 会期:2017年4月15日(土)~6月25日(日)
  • 開館時間:10:00 – 18:00(入館は17:30まで)
  • 休館日:月曜日、3月28日(火)~4月14日(金)
  • 入館料:《一般》500円 《小中高65歳以上》250円 (特別展示・ベーシック展示あわせて)
    ※和装でご来館の方は入館無料
 

RELATED 関連する記事

 
閉じる