歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

そうだったの?江戸時代 荷物届くのに4日も!?遊女のための配達人もいた、江戸時代の通信手段いろいろ

江戸時代の通信手段はどんなものがあったのか?

今やネットショッピングでほしいものをクリックしたら、早ければ当日のうちに荷物が届いてしまう便利な世の中ですが、江戸時代は江戸から京都まで荷物が届くまで4日かかったそう。

出典画像:GATAG

飛脚の種類もいろいろ

江戸と京都・大坂間での書類や運送のやりとりに、庶民が直接関わることはありませんでした。幕府・大名・商人のみが利用していた当時の通信手段の一つが継飛脚。この継飛脚だと、江戸~大坂間を90時間で届けるのが一般的で、幕府の重要文書を送達するのに利用されたようです。

江戸後期になると、継飛脚に加え町人の経営する町飛脚がいくつも開業して、物資や情報の行き来がますます盛んに。料金設定が異なる臨時便や特急便もつくられました。今の宅急便システムに少しずつ近づいてきているような気がします。

チリンチリンの町飛脚

江戸の町飛脚には、便り屋と呼ばれる江戸周辺と市内専門を扱う業者もあり、手紙や小荷物を扱いました。別名はチリンチリンの町飛脚。背負った小さな箱の先の棒に風鈴を下げたまま市内をまわったので、チリンチリンという音がしたら町飛脚が近づいた合図。「あ、町飛脚がきたな」と手紙の準備をしていたのでしょう。もちろん店舗もあったので、荷物の持ち込みもOK。ただ、このチリンチリンの町飛脚、あるケースには不向きと言われました。どんなケースだと思いますか?

それは、恋文を頼みたいときです。恋文はそっと渡してもらいたいので、チリンチリンなんていう音がしたら、都合が悪いわけで。相手に届けてもらうにも自分に届けてもらうにも、どちらにもしても困りますね。

次ページ: 遊女のための配達人もいたんです。

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる