歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

神社はパワースポット!行事のときだけ行くのはもったいないんだゾ♪

神社はパワースポット!行事のときだけ行くのはもったいないんだゾ♪

日頃はめったに行かないけど、初詣やお祭りのときには神社に足を運ぶ人も少なくないはず。最近は、パワースポットとして有名な神社も多いですよね。皆さんの家の近所にも、きっと神社があるのでは?

神社と一言に言ってもいろいろな種類が

稲荷神社、八幡神社…と神社にもいろんな神社があります。それぞれ、祀られている神様も異なり、例えば神明(しんめい)神社は日本の総氏神で、伊勢神宮で祀られている女神・天照大御神をお祀りします。皆さんも聞いたことがある神社といえば稲荷神社。ここは、主に宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)をお祀りし、ビジネスや立身出世の神様と言われているそう。一方八幡神社は、応神天皇をお祀りし、文武の神様と言われています。天満宮は、菅原道真公をお祀りし、学問の神様と言われています。実は、文筆・芸能の上達でも有名ってご存知でしたか?

ちなみに、江戸時代はとにかく稲荷神社が多かったとのこと。どこの町内にも必ずあり、その数は何千ものと言われています。商売上手な人が多い江戸時代なのも、もしかしたら稲荷神社の氏神さまのおかげかも。

神社の神様は、地域の守り神

神社って、人生の節目だとか特にお願いしたいことがなくても、気軽にぶらっと入っていいのです。神社の神様は、地域の守り神。私たちを見守ってくれている、心強い存在なのです。地域に住む人たちは、氏子(うじこ)と言い、どこの神社の氏子かはちゃんと決まっているそう。

ちなみに、自分が住んでいる土地はどの神社の『氏子区域』なのかを知りたい時は以下記事を要チェック

氏子って何?自分の氏神様の調べ方は?新年を迎える前にサクッと知りたい神社の基礎知識

みんなどこかの神社の氏子区域に住んでいる神社は日本の隅々にあり、それぞれの神社は『氏子区域』を持ちその地域を守っています。そしてその区域に住み、その神社を信仰する人は『氏子』と呼ばれ、氏子は神社を…

神社は敷居が高いから…と足が遠のいている方も、ぜひ気軽に行ってみて。神社の神聖な空気にふれると、背筋もピンとのびてほどよい緊張感が感じられる人が多いはず。そして、神様にお願い事をしてみましょう。今やっている仕事が成功しますようにとか、料理が上手になりますようにとか、どんなお願い事だっていいのです。

といってもただお願いごとをするだけじゃダメですよ。その夢を実現させるために、頑張りますという気持ちも伝えることと、お礼を兼ねて報告しにお参りにいくことが大事です。

神社は、私たちの一番身近なところにあるパワースポットかもしれませんね。早速、家の近くの神社に足を運んでみませんか?

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる