アート - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

こりゃ面白い!日本酒をとことんポップにマニアックに紹介「日本酒マニアック博」に行ってきた

こりゃ面白い!日本酒をとことんポップにマニアックに紹介「日本酒マニアック博」に行ってきた

今までにないユニークな視点から日本酒を紹介するイベント「I♥LOVE SAKE日本酒マニアック博」。2月10日 (金) 〜3月5日 (日)まで池袋パルコ内パルコミュージアムで開催されている本展に早速行ってきましたので、展示内容などご紹介します。

2015年に始まった本イベントは、東京展に先駆けて大阪・梅田で開催されていた人気の日本酒イベント。東京での開催は今回が初めて。

イベントポスターからして何やら今までの日本酒イベントとは違ったテイストが漂います。日本酒のイベントといえば試飲会のスタイルが多いのですが、本イベントは日本酒のラベルや、蔵元で働く人、日本酒にまつわるエピソードなどをクリエイティブに紹介する内容になっています。

会場に入るとショッキングピンクの壁に飾られた"キラキラネーミング"な日本酒が早速登場。全国から集められたユニークな名前の日本酒が並びます。

その先には「SAKE漢グラビア写真展」と題して、全国のイケメン蔵元のグラビア写真を製造した日本酒とともに紹介。日本酒イベントにはなかなかない試みであります。

そして、オススメコーナーは何と言ってもこの「集合!全国ご当地カップ酒」。全国各地で販売されている様々なご当地カップ酒が紹介されています。カップ酒を収集するコレクターの存在は知っていましたが、こうやって一堂に会すると、その奥深さに魅せられるのも頷ける気がします。

そしてカップ酒といえば!の「ONE CUP OZEKI」とのコラボ企画である「クリエイターズ・デザイン・ワンカップ」。蛭子能収さんや楳図かずおさん、安野モヨコさんをはじめとする人気クリエイターがデザインしたワンカップが展示されています。

しかもこのデザインワンカップ、購入可能なのです。人気のために売り切れも出て来ているようなので、お気に入りのクリエイターがいる場合はホームページの品切れ状況をチェックしておくのが吉。

次ページ: 全国のマニアック銘柄展や、きらめく一升瓶女子写真展など

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる