日本画・浮世絵 - アート - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

浮世絵と最新技術の融合!浮世絵をデジタルアートで表現し江戸の世界を探る「スーパー浮世絵 江戸の秘密展」

浮世絵と最新技術の融合!浮世絵をデジタルアートで表現し江戸の世界を探る「スーパー浮世絵 江戸の秘密展」

以前ご紹介したイベント「スーパー浮世絵 江戸の秘密展」の最新情報が届きました。

江戸とは何だったか?浮世絵テーマのデジタルアート展「スーパー浮世絵 江戸の秘密展」開催

世界屈指の金融街である日本橋 兜町・茅場町で、2017年1月28日(土)から5月21日(日)まで、浮世絵をテーマにしたデジタルアート展『スーパー浮世絵「江戸の秘密」展』が開催されます。…

浮世絵に隠されたコード=「江戸の秘密」を浮き彫りにすることで、“江戸とは何だったか”を紐解く展覧会「スーパー浮世絵 江戸の秘密展」。浮世絵を最新技術で動かし、巨大化し、立体の空間デザインと組み合わせて、浮世絵の中に入り込んだかのような江戸世界を再現するあたりがスーパーなデジタルアート展です。

展示コンテンツの一つである、幅22メートルの葛飾北斎「冨嶽三十六景・神奈川沖浪裏」。一瞬を切りとった「神奈川沖浪裏」の波が現実の荒波のように激しく動き、「百物語・小幡小平次」や歌川広重の描いた魚などとの映像も融合された、誰も見たことのない「冨嶽三十六景・神奈川沖浪裏」となっています。

当時の人気役者、男前の浮世絵を集めた「イケメン部屋」も登場。来場者が近づくと、32インチスクリーンに投影された総勢10名のイケメンの顔が六代目片岡愛之助さんの大見得に合わせて表情豊かに変化するんだそうです。

あわせて開催される「食神様の不思議なレストラン」展では、和食をテーマにしたデジタルエキシビジョンが披露されます。見て、食べて体験できるこれまでにないタイプのデジタルアート。

会場内には直径1.8メートル、胴回りは約5.4メートルの巨大なお椀が登場。お椀に盛られたお米に触れると、田んぼから食卓までがつながっていることを映像で体感できる仕掛けになっているのだそう。

伝統が息づくまちで、最新技術を駆使した2つのデジタルアートイベントが開催される日本橋。どちらもこれまでにない体験ができそうな、わくわくのイベントです。

スーパー浮世絵 江戸の秘密展
期間:2017年1月28日〜5月21日
場所:日本橋茅場町「特設会場」

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる