日本画・浮世絵 - アート - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

これは楽しみだーー!浮世絵を蘇らせた絵師・川瀬巴水の140点もの作品が集結「川瀬巴水展」が新年開催

これは楽しみだーー!浮世絵を蘇らせた絵師・川瀬巴水の140点もの作品が集結「川瀬巴水展」が新年開催

川瀬巴水の展覧会あります!しかも新年早々に!!

大正・昭和時代に活躍した浮世絵師 川瀬 巴水(かわせ はすい)。川瀬巴水は、江戸時代から明治時代になり時代の流れの中で浮世絵が衰退していった状況に対して、浮世絵復興を目指して新版画という分野を確立した人物のひとり。同時期にはJapaaanでも紹介したのことのある小原古邨(おはらこそん)高橋松亭(たかはししょうてい)らも活躍していました。

2017年1月2日から開催される「川瀬巴水展」では、なんと川瀬巴水の約140点もの貴重な初摺り作品が展示されます。

江戸時代には錦絵の誕生も相まって浮世絵が日本の代表的な文化として大成しましたが、以後、海外の絵画の手法も日本に色々と入ってきて、印刷技術の向上などもあり版画が衰退していく中で、川瀬巴水は近代風景版画の第一人者と言われるまでに、次々と名作を生み出しました。

影を効果的に使い、細かな写実力と美しい色使い。当初新版画は輸出用に制作され、江戸時代の版画とは違い、一つの作品にかける摺りの回数が30〜40回と圧倒的に多かったそうです。これによってリアルな作品を作り上げることができました。版画ならではのあたたかみもある巴水の作品世界を堪能できる絶好の機会になりそうですね。

巴水の作品といえばJapaaanでも紹介した「雪庭のサンタクロース」を思い起こす方もいるでしょう。サンタクロースを描いたとっても珍しい作品ですが、なんとこの作品も川瀬巴水展で展示されることになっていますよ!

川瀬巴水「雪庭のサンタクロース」

AppleのiBooksでは巴水の作品集2冊が無料でダウンロードできるようになっていますので、ぜひ展覧会の予習として楽しんでみてはいかがでしょうか。

とりあえずゲット!浮世絵師 川瀬巴水の100作品がiBooks(iPhone、iPad)で無料配信中!

大正〜昭和時代に活躍した浮世絵師、版画家の川瀬巴水の作品集2冊が、Appleの書籍ダウンロードサービスiBookで無料配信されていますよ![gallery columns="2" size="…

「川瀬巴水展」は2017年1月2日(月)〜16日(月)まで、立川高島屋8階で開催されます。開催期間が短いので気になった方はお見逃しなく!会期中は講演も行われますので詳しくはホームページでチェックしてみてください。

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる