雑貨・インテリア - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

な、なんですと!?桃太郎、金太郎…トミカからなんと「日本の昔話」がテーマのミニカーが登場!

な、なんですと!?桃太郎、金太郎…トミカからなんと「日本の昔話」がテーマのミニカーが登場!

やっべ!久しぶりにトミカ欲しい!

タカラトミーが発売しているミニカー「トミカ」。昭和45年に発売されて以来、子供に大人気のおもちゃで、熱狂的なコレクターもいるほど。国外にも愛好家が存在します。

トミカは今年、武将たちのイメージをミニカーにデザインした「トミカ武将コレクション」というものも発売しており、なかなかチャレンジングな商品展開を定期的に行なっています。

まさかの「トミカ」に武将シリーズ!真田幸村、織田信長、上杉謙信たちがミニカーになったぞ

「トミカ」は言わずと知れたタカラトミー のミニカーシリーズで、男の子に大人気のアイテム。子どものみならず大人であってもミニカーは永遠の宝物。そんなトミカからなんと武将たちのイメージをミニカーに…

そんなトミカにかなりユニークなシリーズが登場しますよ!それはななんと、"日本のむかしばなし"がテーマのトミカなのです。新シリーズ「トミカむかしばなし」がこちら。

トミカむかしばなし

お目々付いとる!

「トミカむかしばなし」は日本人なら誰もが知る昔話に出てくる登場人物(&動物)をモチーフにデザインされたもので、全8種類。ラインナップを見ていきましょう。

桃太郎から、桃太郎(左)と鬼(右)。桃太郎はベースがトヨタ iQで、鬼はベースがハマーH2。鬼がハマーというのは頷けます。桃太郎は私の中ではもっとスマートな印象があったのですが、とっても可愛らしいフォルムで登場です。

続いて、同じく桃太郎から、左から順に犬、キジ、猿。犬はダイハツコペン、キジはホンダVFR、猿はホンダN-ONEがベースになっています。キジはシリーズで唯一のバイクで登場。

そして、左から金太郎、一寸法師、姫となります。金太郎はスズキ ハスラー、一寸法師はホンダ S660、姫はスバル360がベース。一寸法師が軽自動車というところ、なかなか面白いですね。

それぞれの車体にはフロントに顔が描かれ、細部のデザインも各登場人物の服装や小物などが表現されています。よく見て見ると「なるほどね」と気づく部分があってとっても面白い。

「トミカむかしばなし」は通常のトミカとは違い中に何が入っているか分からない全車種統一のパッケージになっていて、開けると「大吉」「中吉」「小吉」のおみくじが付いている仕様。新春向けの商品になっています。

「トミカむかしばなし」は2016年12月28日(水)から、全国の玩具専門店、百貨店・量販店等の玩具売り場、トミカのオンラインショップなどで発売。トミカむかしばなしで2017年の運試しでもいかがでしょうか。

トミカ – タカラトミー

 

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる