雑貨・インテリア - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

勝負の日はこれ!真田家三代が揃い踏み、あの甲冑パンツに新作「真田幸隆」モデル登場

勝負の日はこれ!真田家三代が揃い踏み、あの甲冑パンツに新作「真田幸隆」モデル登場

医療用包帯をもとに独自開発されたSIDOの「包帯パンツ」の戦国武将の甲冑とのコラボモデル「甲冑パンツ」に新作「真田幸隆」が登場しました。

2008年にスタートした甲冑パンツ、これまでに真田家から「真田昌幸」「真田幸村」モデルが発売されていますが、「真田幸隆」の登場で真田三代が揃うこととなります。今回加わった「真田幸隆」は真田家を発展させた智将。真田昌幸の父、真田信繁の祖父にあたる名将です。真田幸隆モデルとは、なかなか通好みの武将チョイスではないでしょうか。

「真田幸隆」モデルの甲冑プリント部分は、一枚一枚手作業で染め上げる手捺染(てなっせん)という染色技術を使用してプリントしています。真田家の家紋である六文銭は、印刷を重ねて立体感をだし、本物の貨幣のように浮き上がらせるように仕上げられています。細かい柄は繊細に、インパクトのある部分は重ね塗り、とこれまで以上にこだわって作られています。脚の付け根まわりに配された金色の鎖も美しい。

このクオリティは下着にしておくにはもったいないほど!真田家の象徴である鹿角や六文銭の金色がまばゆい甲冑パンツ。見た目も芸術的ですが、機能性も抜群なのです。全ての生産過程を国内に限定し、「高い通気性」「やさしい肌ざわり」「しめつけない程よいフィット感」「縫い代が内側にない」など、細部まで徹底してこだわり抜いたプレミアムな下着です。これぞ日本のパンツ!この履きごこちはぜひとも試したい逸品です。

甲冑パンツ「真田幸隆」モデル(¥8,800税別)は、「SIDO」オンラインストアにて先行発売中。公式オンラインショップでは、織田信長、徳川家康、真田昌幸、武田信玄ら9人の戦国武将がラインナップしています。

包帯パンツ®公式オンラインショップ

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる