グルメ - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

バターケーキって知ってる?昭和時代の懐かしのバターケーキ、プリンなどが復刻「不二家 創業祭」

バターケーキって知ってる?昭和時代の懐かしのバターケーキ、プリンなどが復刻「不二家 創業祭」

@
2016/11/19

ペコちゃん、ポコちゃんでお馴染みの不二家が、創業106周年を迎えました!

それを記念して11月17日(木)から限定発売されているのが、昭和40年代の懐かしき復刻バターケーキと復刻プリン、そして昭和60年代の復刻シュークリームです。

%e4%b8%8d%e4%ba%8c%e5%ae%b6%e5%be%a9%e5%88%bb

バターケーキって何?

ところでバターケーキってご存知ですか?

昭和40年代頃までは、一般家庭ではケーキは特別な時しか食べられませんでした。クリスマスか誕生日くらい、つまり年に数回です。

カステラ地のスポンジ生地に、無塩バターに砂糖や卵を加えて練ったバタークリームが塗られ、ピンクやグリーンの食紅で色付けされたバタークリームのバラの花や、銀の小さな玉のアラザンなどが飾られていました。ケーキなんて滅多に食べられないし見た目もかわいいし、子ども達も大人達も大喜びで食べました。

しかし、現代では定番の、イチゴなどが乗った生クリームのケーキと初めて出会ったときは、その美味しさに驚きました。

「今までのケーキは何だったんだろう…」と。

生クリームのフレッシュさと、イチゴなどの生のフルーツが、とても爽やかで美味しかったんですよね。以来、バタークリームのケーキはあまり食べられなくなり、生クリームのケーキが定番になり、平成になるとケーキ屋さんと呼んでいたのがパティスリーになり…、と色々ありました。

でも最近は懐かしさもあるのか、良いバターを使用しているからか、バタークリームのケーキの人気がじわじわと復活しているそうです。

不二家の復刻バターケーキは、ラムレーズンとプレーン入りのバターケーキ生地に、白いバタークリームが使用されているものです。クリスマスケーキもあり、雪で真っ白にお化粧した雪原をイメージしているようなホールケーキと、チョコバタークリームとチョコスポンジのクリスマスデコレーションケーキもあります。

%e4%b8%8d%e4%ba%8c%e5%ae%b6%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%ad

そういえば、赤と緑のペコポコ長靴も懐かしいですね。長靴も昭和の時代からありましたね。

%e9%95%b7%e9%9d%b4%e3%83%9f%e3%83%8bpng

それでは皆様、良いクリスマスをお過ごしください!

創業祭特集 – 不二家

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる