エンターテイメント - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

山口百恵、美空ひばり、坂本九など!PUSHIMが昭和歌謡をカバーした「THE ノスタルジックス」発表

山口百恵、美空ひばり、坂本九など!PUSHIMが昭和歌謡をカバーした「THE ノスタルジックス」発表

力強い歌声が魅力のシンガー・PUSHIMさんが、昭和歌謡のカバー・アルバム「THE ノスタルジックス」のリリースを発表しましたよ!

f_a_600-600x540

新作アルバム「THE ノスタルジックス」は、2012年にリリースした「The Great Songs」に続く2作目のカバー・アルバム。今回は、PUSHIMに影響を与えた50年代〜70年代の昭和歌謡&ポップス珠玉のナンバーがたっぷりと収録されるとのことです。「Over The Rainbow (虹の彼方に)」は、PUSHIMが敬愛する美空ひばりさんが歌った日本語バージョン、伝説のアイドル山口百恵のヒット曲「プレイバックPart2」などなど、オリジナルも魅力いっぱいの曲ばかり。

収録予定曲は以下のとおり。曲タイトル見てると、期待値がどんどん高まります。

※曲順未定 / 括弧内はオリジナル歌唱アーティスト・発売年
「DAY-O (バナナ・ボート)」(浜村美智子 / 1957年)
「黄昏のビギン」 (水原弘 / 1959年)
「Over The Rainbow (虹の彼方に)」 (美空ひばり / 1961年)
「ラストダンスは私に」 (越路吹雪 / 1961年)
「見上げてごらん夜の星を」 (坂本九 / 1963年)
「傘がない」 (井上陽水 / 1972年)
「プレイバックPart2」 (山口百恵 / 1978年)
「モンロー・ウォーク」(南佳孝 / 1979年)
(Bonus Track)
「A Place In The Sun (Live ver.) 」 (スティービー・ワンダー / 1966年)

6570_ext_16_0

往年の数々の名曲が、PUSHIMの中を通ってアウトプットされた時、どんな曲に生まれ変わるのか。「プレミアム・シンガー」と称される抜群の歌唱力が表現する昭和歌謡は、ありきたりのカバーソングとは一線を画したものになりそう。確かな実力に裏打ちされたPUSHIMの世界と昭和歌謡の沁みる歌詞。秋の夜長にじっくりと楽しみたいアルバムになりそうです。

発売日は2016年11月16日(水)。同作リリース後には「YEAR END PREMIUM LIVE 2016」の実施も予定されています。ライブでは収録曲などのカバー曲もたっぷり演奏するとのことで、こちらもワクワクが止まりませんね。

PUSHIM Official Web Site | PUSHIM カバーアルバム『THE ノスタルジックス』11月16日 (水) 発売!

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる