雑貨・インテリア - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

瓦を暮らしの中に!瓦の新しい楽しみ方を提案する瓦ブランド「icci KAWARA PRODUCTS」

瓦を暮らしの中に!瓦の新しい楽しみ方を提案する瓦ブランド「icci KAWARA PRODUCTS」

山梨で創業100年を迎えた有限会社一ノ瀬瓦工業。日本の瓦の魅力を日常生活から世界へ伝えるべく、新しい楽しみ方を提案する瓦ブランド「icci KAWARA PRODUCTS」を立ち上げました。日本の屋根を守ってきた“瓦”から、手のひらの上の“kawara”へ。伝統ある建築資材である瓦が、日常使いの素敵アイテムに大変身です。

ec_top

「icci KAWARA PRODUCTS」は、『日本のヒトカケラを屋根の上からテノヒラの上に』をコンセプトに、メディアクリエイターのハイロック氏をアートディレクターに迎え、瓦の新しい可能性を追求する瓦ブランド。そのプロダクツは、初めて目にする瓦の魅力にあふれています。

image-(1)w600

日本で1400年もの歴史を持つ瓦は、強いだけでなく美しさも兼ね備えています。「いぶし銀」と呼ばれる独特の銀色は華やかではありませんが、しんとした日本的な美しさで存在感は抜群。「icci KAWARA PRODUCTS」では、この美しい銀色を活かしてコースターやボウルなどの機能的なアイテムから、サイコロや果物、ドルマークなどインテリアやアートとしても楽しめるアイテムを幅広く取り揃えています。

第1弾は全16種のアイテムをオンラインストアで販売。渋い銀色のアイテムたちは、手にとって重さや手触り、質感を感じたくなります。瓦がこんなに素敵だなんて知りませんでした。

products

日本の町並みを美しい銀色で創ってきた瓦。kawaraのプロダクツはそこはかとなく和のテイストがにじみます。インテリアとしてもとってもおしゃれで、現代の暮らしによく馴染みそう。漆器のJapanや畳のTatami、Futonのように、世界でKawaraが注目を浴びるかもしれませんね。これからの展開がとっても気になるブランドです。

icci

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる