日本画・浮世絵 - アート - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

いよいよ明日開催!東京で大人気だった「春画展」が京都 細見美術館で開催

いよいよ明日開催!東京で大人気だった「春画展」が京都 細見美術館で開催

発表された際にJapaaanでもお伝えした、京都で開催される春画展がいよいよ明日2月6日(土)から開催されますよ。

昨年末に東京の永青文庫で開催された際には20万人を動員し、人気の展覧会となりました。

東京展開催時には巡回展を期待していた方も多かったと思います。スケジュール合わず東京展に行けなかった方、関西方面にお住いの方には今回の京都での春画展開催は嬉しいでしょう。

西川祐信 「春宵秘戯図巻」 【場面替】

西川祐信 「春宵秘戯図巻」 【場面替】

今回の春画展では東京での開催の時とは内容が変わる部分もあるそうで、京都の西川祐信や大坂の月岡雪鼎の作品を通して、上方ならではの春画の魅力にも迫るそう。

喜多川歌麿 「歌まくら」 浦上満氏蔵 【前期展示】

喜多川歌麿 「歌まくら」 浦上満氏蔵 【前期展示】

どうせポルノでしょ?といって食わず嫌いはいけません。鈴木春信、鳥居清長、喜多川歌や葛飾北斎といった、今でも大人気の大御所絵師の違った側面の作品が目の前で見られるんですから。

京都 細見美術館で開催される春画展の会期は2016年2月6日(土) 〜 4月10日(日)。前期・後期に分けて開催されます。(前期:2月6日(土) – 3月6日(日)、後期:3月8日(火) – 4月10日(日))

講演会イベント情報がホームページで公開されていますので、こちらも要チェックです。

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる