ライフスタイル - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

これ面白そう!漫画家 井上雄彦が師匠と仰ぐ円空に出会う「円空を旅する」が発売

これ面白そう!漫画家 井上雄彦が師匠と仰ぐ円空に出会う「円空を旅する」が発売

人気漫画家・井上雄彦の書籍『円空を旅する』が発売されました。

d10983-16-597176-2

円空は、全国を行脚して12万体もの仏像を彫った江戸時代前期の修行僧であり、彫刻家。全国に円空仏と呼ばれるゴツゴツとした風合いが印象的な木彫の仏像が残されています。にっこりと微笑んだ表情の仏像を彫った「円空さん」は、現存する資料が少なく、その生涯は謎に包まれています。

雑誌の特集をきっかけに、円空仏と井上雄彦が邂逅し、その足跡をたどる旅が始まりました。本書の中では全国に5000体現存するという円空仏のうち、北海道、青森、岐阜、愛知、滋賀、三重を見て回っています。

d10983-16-858858-3

旅を重ねる中で、次第に円空の姿に共鳴していく井上。本書では井上の旅を通して、修行僧として、彫刻家としての円空の存在に出会い、円空の仏像に惹かれるのかを発見できる一冊となっています。

円空の基礎知識や、縁のスポットを訪れたい人のためのアクセス情報も満載。旅の中で描かれた井上の旅のスケッチも描きおろし72ページの大ボリューム。鉛筆でデッサンされた円空仏の荒削りさと野性的な作風の円空仏に、なにか合い通じるものが感じられます。ゴツゴツ感があるのに、なんだか癒されるんです。

d10983-16-502435-4

訪ねて歩いた仏像の数は、なんと1400体。盛りだくさんの本書、読書の秋の1冊にいかがでしょうか。

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる