エンターテイメント - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

浴衣姿の美女がお出迎え?宵の口に神楽坂散策「浴衣でコンシェルジェ」

浴衣姿の美女がお出迎え?宵の口に神楽坂散策「浴衣でコンシェルジェ」

和の風情が残る大人の街、神楽坂。

芸者さんの下駄の音が石畳をカランコロンと音を立てている、何とも艶っぽい街というイメージがあります。高級料亭の盛り塩された入り口なんかを見るとちょっと近寄りがたいと思ってしまう反面、気軽に入れるワインバーなどもあったりして、細い路地を散策するだけでも楽しい、大人のテーマパークと言える街です。

その神楽坂の名所を浴衣姿のガイドが無料で案内してくれるという、なんともオジサマにはたまらない企画「浴衣でコンシェルジェ」が毎年夏に行われています。

この名所巡り、神楽坂を愛する人たちで作る地元のNPO法人が行なっている企画で、すでに今年で9回目。かつては何十件もの料亭が並び、多くの芸者衆が行き交う花街だった頃の面影を訪ねて、浴衣姿のコンシェルジュが街の様子を解説してくれるそうです。

しかも集合時間は宵の口。夜に街歩きという珍しい企画なんです。

参加者ももちろん浴衣歓迎。歩きなれない下駄を履いて、ゴツゴツとした石畳の上を、暗い夜道を歩くので、時間も40分程度と短く設定されています。

神楽坂は戦争でほとんどの建物が焼失してしまったのですが、戦後建てられた建造物も歴史を感じさせるものが多く、昨年には5件の建物が登録有形文化財の指定を受けてます。路地に隠れた歴史を紐解くと、ミシュランガイドに載ったお店以上の魅力的なものが発見できるかもしれません。

今年の「浴衣でコンシェルジェ」は7月25日(水)、26日(木)の予定。予約は必要ないそうなので、フラッと行って大丈夫なところもうれしいですね。しかも浴衣姿の人には特典もあるそうです。

ただし浴衣姿の案内人がシニアかどうかは知りませんよ。それもまた一興ですが。

NPO法人粋な街づくり倶楽部

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる